<< みかんの花咲く頃 「新巣飼育」 >>

分蜂モードに入った洋箱群

f0176521_20510725.jpg


f0176521_20512504.jpg


f0176521_20515131.jpg

洋箱群が分蜂モードに入りました。
王椀を作り始めています。

by henro1945 | 2017-05-04 21:02 | Comments(28)
Commented by ORFEUM at 2017-05-04 22:05 x
いよかんさん
ヨシ‼︎ やりましたね。流石です。
秘伝改良巣枠の効果も有ったのでしょうか。
今後、いよかんさんの巣枠に関する見方考え方も是非載せて下さい。
Commented by 山のおじさん at 2017-05-05 00:27 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
洋箱分蜂モード、おめでとうございます。
いよかんさん、ORFEUMさん、蜂麿さん、その他このブログを観ておられる方、この間から疑問に思っていること、教えていただけませんでしょうか?
①母女王が出て行く初分蜂より15日後までが最後の女王出生可能性あり、とのことですが母女王が出て行く段階で王台になる可能性以外の働き蜂用の産卵も行っているのでしょうか?
②何回か分蜂を繰り返している間に出て行った母女王が生んだ卵から新しく働き蜂も孵化していくサイクルになっているのでしょうか?
③最後の末娘が本巣に残り、そこから交尾して産卵を始めるまでに寿命を迎える年配の働き蜂が増えていきます。このとき、母女王が働き蜂を産卵して残しておかないのなら、蜂数は減る一方になります。末娘女王が産卵を行い、20日ほどたてば新蜂が生まれてくるので増加するのは分かりますが、そこまでの20日間の巣内のサイクルはどのようになっているのでしょうか?

昨秋遅くの入居群(単箱・巣落ち防止棒無し)、最後の分蜂(未確認ですが29日までは可能性ありでした。)を終えてから5日ほどたっていますので、吸引器を使用して14時から19時頃までかかって西洋巣箱に移しました。
育児圏・花粉圏らしきものが見あたらず(未熟な私の見落とし??)とりあえず古い巣板の下の方を切り取って巣枠に固定しておきました。
2~3日後には逃去となるかもしれませんが、これも実地勉強ということでやってみました。
最後の分蜂後、5日ぐらいが蛹等が居ないので移し替えには最適時期と書いてあったので、先ほどの疑問がわいてきました。
初歩的なことを長々とすみません。
よろしくお願いいたします。
Commented by 蜂の召使 at 2017-05-05 16:49 x
分蜂期の蜜蜂生態に関するご質問ですね。
結構得意分野なので、管理人になり替わってお答えします。

〉①母女王が出て行く初分蜂より15日後までが最後の女王出生可能性あり、とのことですが母女王が出て行く段階で王台になる可能性以外の働き蜂用の産卵も行っているのでしょうか?

その通りです。「働き蜂用の産卵」というよりも、ロイヤルゼリーを与え続けて女王にするか、働き蜂にするかは、巣内ワーカーの判断に委ねられます。王台に産卵したものは女王蜂に育てられます。

〉②何回か分蜂を繰り返している間に出て行った母女王が生んだ卵から新しく働き蜂も孵化していくサイクルになっているのでしょうか?

その通りです。第一分蜂で出て行った旧女王の跡継ぎは、長女が引き継ぎます。したがって、第ニ分蜂群の女王蜂は次女に相当し、後から誕生したワーカーを含めて相当数の補充ができないと第二分蜂は起こらない、つまり分蜂熱が発生しないことになります。旧女王蜂が二歳(年)女王で、産卵旺盛なら分蜂数も多くなるとも言われています。

③最後の末娘が本巣に残り、そこから交尾して産卵を始めるまでに寿命を迎える年配の働き蜂が増えていきます。このとき、母女王が働き蜂を産卵して残しておかないのなら、蜂数は減る一方になります。末娘女王が産卵を行い、20日ほどたてば新蜂が生まれてくるので増加するのは分かりますが、そこまでの20日間の巣内のサイクルはどのようになっているのでしょうか?

元巣は長女が相続します。分蜂群ワーカーは、毎回新・旧の混成群になります。中には生まれたばかりで、やっと飛べる新蜂も含まれます。分蜂先の新居に落ち着いたところで、日齢に応じた役割分担が必要になるということでしょうか。過去にセイヨウの割り出し増群していたころ、1群から10分割していましたが、分蜂後に生育できるボーダーラインは約5,000匹くらいでしょう。これは二ホンミツバチでも変わらないと思います。元巣内ワーカーは分蜂可否判断して、残った蜂群規模が分蜂に不適合状態なら生育中の女王蜂児を排除してしまいます。
Commented by ORFEUM at 2017-05-05 22:53 x
いよかんさん
今日、分割作業中に分蜂が起きました。王台出房日を5/8と見てギリギリ出房間近まで引っ張って蜂と卵を増やしたいと13日目、分割作業中に突然でした。集合板に着いて無事回収です。
王台出房は様々ですね。分割した翌日出房したことも有りました。予定日まであと3日、蜂も卵も増えるので良しとします。
Commented by 山のおじさん at 2017-05-05 23:15 x
皆さん、こんばんは。
いよかんさん、書き込み申し訳ありません。
蜂の召使さん、回答有り難うございました。
ということは、今回も育児圏等が見えていなかったということですね。
貯蜜圏の下を見ても蓋が被さって蛹が入っているような部分は見あたらなかったような気がします。花粉圏は少しはありました。
ただ、巣板を巣枠に張り付けだしたのが18時過ぎでそれも木の下なのでよけいに薄暗く、卵の確認などはとてもできていません。
>最後の分蜂後、5日ぐらいが蛹等が居ないので移し替えには最適時期と書いてあったので・・・
これに関しては、最適時期ではなかったのでしょうかね?
もっとも、35×35×50cm(高さ)の単箱(巣落ち防止棒無し)に巣板がほぼ一杯になっていましたので、遅かれ早かれ巣板を切らなければなりませんでしたが。
今日の段階では、巣門周りでまだ雄蜂がブンブン飛んでいましたが逃去せずにいました。
この『いよかん研究所』で、また勉強させてくださいね。
よろしくお願いいたします。
Commented by henro1945 at 2017-05-06 00:14
ORFEUMさん
やりました・・ というかやってくれました~ ^^
待望の分割ができそうです。
全摘で採蜜すると決めてからはボトムバーと針金が不要なものに思えてきて、除けてみました。
これで、蜂も人間もやりやすくなったように感じています。

>今日、分割作業中に分蜂が起きました。

ちょっとしたハプニングでしたね。
無事に回収できて何よりです・・ おめでとうございます。
13日目というのは、何を目安に13日なのでしょうか?
Commented by henro1945 at 2017-05-06 01:17
山のおじさん
ありがとうございます。
洋箱には給餌器が入っていますから、給餌は簡単です。
1キロの砂糖を700CCの水で溶かしたのを多めに入れておいた効果があったのかも知れません。

分蜂の期間中は産卵がない筈です。新らしく誕生した女王蜂が元巣に産卵をすることあり得ないことだと思います。分蜂期間中も、元々いた女王蜂が残して行った卵や幼虫が羽化していくでしょうが、それが済めば育児の空白が生じるのではないでしょうか。我が家で分蜂した元巣を全摘してみたら、卵も幼虫もありませんでした。気を付けないといけないのが、分蜂した元巣群が消滅する頻度が非常に高いことです。そう思って全摘したら、居なくなってしまいました~ ^^:

元巣群の洋箱への移し替えは適切だと思います。巣板の一部を一緒に移すことの是非はよく分かりませんが、移しても少ない方がいいように思うのですが。移し替えた群れは分蜂群とほとんど同じですが、ただ一つ違うのが蜜を持って出ていないことです。そのところを補ってやる程度の巣板(巣蜜)の移設は私も考えています。何れにしても、しばらくはそっとしておくのがいいかも知れません
Commented by ORFEUM at 2017-05-06 08:50 x
いよかんさん
なるほどです。ボトムバーについては私も迷うことがあります。ただ、引き上げて内見したり移し替えたり、全面蜜が入ると結構重くなるので強度優先でそのままにしています。
しかし、日本蜜蜂に於いては一つの方法かも知れませんね。

>13日目というのは、何を目安に13日なのでしょうか?

以前に、♂蜂、働き蜂、女王蜂の産卵から出房までの絵をお見せしたのを覚えて居れますか? あの絵が基準です。
絵で分かっても実物を見て何日目かは断定し難いですが王台に蓋がされた日が9日目。
そこから16日目の出房日を判定しています。
出房日の1~3日前には分蜂が起きるので、10~13日目の辺りで天候と相談して分割日を決める訳です。
ただ、意図的に出房間際まで遅らせた方が産卵数を得られるし、羽化する働き蜂も増えるので分割群が育ち易い。分割数も増やせます。ハラハラしながら遅らせるのですが、一歩遅れると今日の様なことが起こります。

分蜂→捕獲→合格点。なんですが、旧女王の分蜂を許してしまったので、これ以上産卵はなくなり、王台も今ある以上には増やせません。
狙いは、旧女王には分蜂せずに、元巣で産卵を続けてもらう事です。蜂数と王台を増やし続けて、最後は巣枠2枚位でゆっくりと隠居して、何処が無王になったら助っ人に出てもらうこと。
しかし毎回思い通りになるほど甘いもんじゃおまへンなあ。
Commented by ORFEUM at 2017-05-06 11:08 x
山のおじさんへ
とても難解な論理で何度か読み直して「まあ、そういう言い方もできるんかな」という感じでした。おそらく、目視出来ない状況での観察と経験則を書いたものを参考にされたのだと思います。経験則自体は貴重ですが、移し替えという具体的な作業の手引きには無理があるように思いました。

群の構成は分蜂が有ろうと無かろうと、健全群であれば貯蜜圏、育児圏=蜂児圏(卵、幼虫、蛹)と周囲に花粉圏、そして既交尾女王または未交尾女王、或は出房間近かの王台、それと各日齢の成蜂が居ます。

母女王(旧女王)は分蜂の当日まで産卵するでしょうから分蜂後3日目までは卵が目視できます。
新女王は分蜂後3日前後で出房して、出房後6~10日位で産卵を始めます(例外あり)。働き蜂は産卵から21日目に羽化するので、分蜂から数えて3+6~10+21日(計30~34日)後から新働き蜂が誕生し始めます。
この30~34日の間に女王が残した蛹、幼虫、卵が順次羽化していきますから実質の空白が10日位というのが最短です。空白期間が長いほど蜂減りが目立ちますし、日本蜜蜂は余り長い空白は各日齢の構成が崩れて群としての回復が困難になります。場合によっては手当てが要ることも有ります。

確かに分蜂後15日までは新女王誕生の「可能性」が有る、と言えば言えなくも有りませんが最後であるか否かを判断する事は出来ません。王台の有無を確認するのがベストです。
余談ですが、巣枠2枚でも王台があれば分蜂します。

最後の分蜂から5日くらいは蛹が無い?・・卵がない期間は有りますが・・
移し替えにその配慮は無用と思います。それよりも卵、幼虫、蛹が充分に入った巣板であることを目視で確認することが重要です。その巣板と成蜂と女王を確実に移し替えることが大切です。
つまり、分蜂期の不安定な時期以外はいつでもOKです。寧ろ蜂児が有る時期の方が逃去の確率は圧倒的に低いと私は思います。
今の時期は巣板が柔らかく取り付け難くなかったですか?巣板が潰れて卵や幼虫が死ぬと空白期間が長くなってしまいます。
もし巣板と巣枠のサイズが合わず犠牲にするとすれば貯蜜圏でしょうか。蜜は後から給餌することができますから。
もし巣房の中が見難くければハズキルーベとかLED付きヘッドルーペなどお薦めです。
Commented by 山のおじさん at 2017-05-06 20:51 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
いよかんさん、給餌は1.5リットル与えています。
今日、空巣枠を取り除きましたが6枚に渡って蜂球を作っていましたので、あえてそれ以上は触らずに、6枚と給餌枠だけにしておきました。
いよかんさんが全摘されたときと同じように幼虫も見あたらなかったように思います

ORFEUMさん、この日数の関係、よく覚えておきます。
新しい巣板はほとんど貯蜜ばかりでしたので、貼り付けたのは少し茶色くなった古い巣板の下の方です。
巣枠3枚ほどは旧の巣板を貼り付けていますが、今日は全部で6枠に蜂球がかかっていました。
給餌枠があるので3枚の巣枠分だけが空白(10枚巣箱)となっています。
仕切り板も置いているので、蓋には巣板を付けないと思っています。
仰るようにヘッドルーペなどがあると便利ですね。
探してみます。
また、初歩的なことを訊くかもしれませんがよろしくお願いいたします。
Commented by henro1945 at 2017-05-07 21:39
ORFEUMさん
分割日を決める目安、よく分かりました。
蓋掛けされる日を特定しなくてはなりませんから、毎日のように内見をする必要があるということですね。
これは大変だ・・・ ^^:

>狙いは、旧女王には分蜂せずに、元巣で産卵を続けてもらう事です。蜂数と王台を増やし続けて、最後は巣枠2枚位でゆっくりと隠居して、何処が無王になったら助っ人に出てもらうこと。<

は~! すごいですね。。
ハードルが高すぎますが、出来るだけ小まめに内見をして挑戦したい思います。
高原の町で生き残っていた群れが近々分蜂しそうです。
ここはちょっと遠いので、空箱をいっぱい置いて自然に入ってくれるのを待つだけです。
準備をしているところですが、ささらほうさら・・ といった感じになって来ました~^^
Commented by henro1945 at 2017-05-07 22:22
山のおじさん
給餌の話しですが、しっかり給餌をすると分蜂する確率が上がるように感じています。
洋箱群と高原の町の群れは、そのつもりで給餌をして来ました。
家にもう一つ越冬群がいるのですが、これもそのつもりで給餌を続けているところです。
目論見通りに行くと、5群が分蜂ということになるのですが・・・?

これは新群でも言えることで、給餌をして行くと孫分蜂をする確率が高くなるのではないでしょうか。
蜂を始めた頃はどんどん給餌をしましたので、孫も多かったように思います。
Commented by ORFEUM at 2017-05-07 23:42 x
いよかんさん

>毎日のように内見をする必要があるということですね。
これは大変だ・・・ ^^:

この時期だけですが、一日に2回見ることも有りますよ。先日書いたように一枠に複数の王台が有って切り出せない状況では、新女王が出たのを目視確認してから、破壊される前に残りの王台を巣枠毎取り出します。翌日には破壊されていますから時間勝負です。
何度か経験すると凡そ何日目か分かってきます。ギリギリを狙わなければ多少の誤差は問題になりませんから。

旧女王を分蜂させない方法は、重箱の方が書かれたブログ(王台を切り出して「戻り蜂分割」を繰り返す)を拝見していて思いつきました。
去年試して良い結果だったので再現試験のつもりで挑戦したのですが今年は一歩遅れてしまいました。

重箱にも巣枠にもお互いにその道なりに外せないポイントがありますね。
たまにしか見回れない場所にも待ち箱の配置を工夫して待つ、そういうのも良いですね。
Commented by henro1945 at 2017-05-09 08:05
ORFEUMさん
一日に2回・・  無精者の私には出来そうにありません^^
一昨日の時点では、全部で3個の王台しか確認できませんでした。
王台が3個というのは、ちょっと少ないような気がしますが。
このまま行くと写真に写っているだけなんですが、右下の2個をそれぞれ切り離して、別の巣板か巣枠に移すことになりそうです。

一つ教えてください。
分割した箱は、元の箱から離れた所に持って行く必要があるのでしょうね。
Commented by ORFEUM at 2017-05-09 12:41 x
いよかんさん
頑張ったご褒美はありますから。それに、重箱にもご苦労はある訳で、巣枠だって頑張らねば。

幾つに分割するかは何時も悩みどころです。
🔷王台の他に蜂児が満面に入った巣板1枚と、その巣板が隠れる位の働き蜂+ 最低半分以上の巣板1枚と働き蜂+ 蜜枠1枚
以上を分割群の最小の一単位にしています。
もっと沢山入れて孫分蜂に期待する方法も有りますが、♂蜂のいる時期が気になります。
旧女王群(元群)はそのまま産卵が継続するので働き蜂は少な目、新群は働き蜂供給が一時停止するので多目にしています。
勿論、小群からグングン伸びることも有ります。

>分割した箱は、元の箱から離れた所に持って行く必要があるのでしょうね。

私の経験では、10m位だと半分位が元巣にも戻り、300mで200〜300匹位戻ってしまいます。2㎞だと戻りません。
問題は交尾が必要なので必ず♂蜂の居る所に設置しなければならず、仕方なく近くに置く事も有ります。
Commented by henro1945 at 2017-05-10 21:58
ORFEUMさん
全部で何枚でしょうか?
私の箱は7枚用ですので、出来るだけ少ない枚数で行きたいのですが。

蜂が居ないので、交尾には気を使いますよね。
取り込んだり入居した箱を動かすのに、蜂の影がない所に持って行くときは、その場に何日か置いてから移動するようにしています。
待ち箱を50個近く置いて金稜辺を100鉢以上使って、入ったのは2群です^^:
Commented by ORFEUM at 2017-05-11 00:11 x
いよかんさん
私の思い込みも混じった意見です。
人工分蜂する場合の新群の巣枠枚数は、蜂児枠を最低2枚と蜜枠1枚で最低3枚。それと給餌器です。

⚫︎蜂児が満面に入った巣枠1枚 ➕ 最低半分以上蜂児が入った巣枠1枚(計1.5〜2.0枚。どちらかに王台が付いている)
この2枚の巣枠には巣板が見えない位の働き蜂がビッシリ付いているのが理想です。
⚫︎それと蜜枠1枚(無ければ翌日に糖液を給餌。飲み切れば給餌継続)
⚫︎空巣枠
⚫︎給餌器
※蜂児枠2枚(1.5枚)は最低数です。

◎基本的で大切な事があります。
分割数は王台の数で決まるものではなく、現在の元群の状況で決まります。
蜂児が入った巣板が4枚ならば、元群と新群の2分割までです。
元群の蜂児枠が3枚以下ならば、元群に1枚。新群に2枚。但し、元群3枚からの2分割は余程女王が優秀でないとリスキーな挑戦だとの腹づもりが必要です。

働き蜂が少ないと女王蜂の生育が良くない、蜂児が少ないと増勢が進み難いと感じます。

余計なお世話ですが、もし王台が余ったら切り出して重箱からの「戻り蜂分割」に活用するのも一つの方法だと思います。巣枠群の働き蜂や蜂児を使わなくて済みます。

待ち箱は今のところ成果ゼロ。分割に集中するのみです。元群2群から8群。必死です。
Commented by ORFEUM at 2017-05-12 00:14 x
いよかんさん
やっちまいました。先日誕生した新女王に2、3個の王椀を残して王台を全て破壊されてしまいました。
複数ある王台から新女王が誕生した時は、その日のうちに新女王群を分割するのが鉄則なのに妙な浅知恵が働いた末の大失敗です。

自然分蜂が有ってから4日目に新女王が誕生。この時点で巣箱内の王台はまだ9~10日目。出房までは後6~7日有り、新女王を取り出せば無王群となり働き蜂産卵の可能性が出て来ます。
自然分蜂から数えると10日以上。王台が有る期間は働き蜂産卵が起き難い、とはいえ10日間の空白は働き蜂産卵が起きてもおかしく無い日数です。
そこで、新女王を1日だけ分けずに置けばリセットされて働き蜂産卵の可能性を減らせないかと考えてしまいました。
結果は全王台の破壊という無残な事実です。

蜂の考えはなかなか分かりませんが、今回の教訓は天候や蜂群の状況などで変更されるものもあるが、状況が変わっても変更されない鉄則もあるらしいという事です。

今年は失敗続きです。期待の2群のうち1群は分蜂期直前に女王が寿命を迎え、もう1群は自然分蜂を許してしまいました。
既に出来ている王台だけで勝負しなければならない状況下で今日は王台を全て破壊されるという失敗をやらかしました。落ち込みます。
それでも残された可能性を遣り繰りして、出来ることをやり切らなければなりません。
Commented by ぜうす at 2017-05-13 14:15 x
皆様お久しぶりです。
5月に入って王台作りも盛んになり、アカリンダニから人工分割の話題になってきているようですね。
今年はあまりにも自群のアカリンダニ感染がひどかったため、浪人を覚悟していましたが、榊の花に大量の洋蜂に混じって、わずかな和蜂が訪花しているのと確認して、どこかに残っている和蜂にわずかな期待をしていましたが、早々に洋蜂の分蜂に巣箱を乗っ取られそうなり、一度、巣箱を撤去。再度、巣箱を設置して1ヶ月遅れの露地栽培の金稜辺が開花を始めたところで、気温の上がった昨日、自宅の1群。他の設置場所2群にほぼ同時に入居しました。 地域的にいずれもおそらく自然巣のものからの分蜂だと思われますが、どこかで生存していてくれていたこと。同時に3群が入居など、正直、いろいろとビックリでした。これで今年も和蜂の活動を楽しみながら、いろいろなことが何とか試すことができそうです。
ただ、毎年女王を食害するツバメがひと足先に営巣を始めているので、旧女王か交尾が成功してくれればいいのですが。
自然巣でアカリンダニ感染はあるんでしょうか?自然巣なので発見しにくいとは思うのですが、屋根裏や床下の営巣群を保護されている方がいますが、一度でもアカリンダニ感染をした現場に出くわせば、あの大量の蜜蜂の死骸を見るはずなのですが。限られた空間の巣箱で飼育されているものに限って蔓延と感染するのであれば、比較的きれいな巣板ばかり見かける自然巣を考えると、いよかん様の新巣飼育論はありそうに思いました。
Commented by henro1945 at 2017-05-13 22:21
ORFEUMさん
リスクの部分が出てしまったようですね。
新女王蜂が王台を壊さなくてはならない理由がよく分かりませんが、分蜂のメカニズムのなかに厳格な法則があるのでしょうね。
分蜂が終わった時点で内見をすると、大抵の巣箱に分蜂した回数よりはるかに多くの王台があります。
蜂の社会には、人間よりも厳しい「掟」があるのかも知れません。
王台3個の損失の大きさ、よく分かります。

巣枠を組み立てている所です。
ボトムバーも針金もありもせんので組み立ては簡単なもので、後はトップバーにべニア板を蝋付けるだけです。
取りあえず3箱 用意するのですが、様子を見て追加して行こうと思います。

Commented by henro1945 at 2017-05-14 06:09
ぜうすさん
3群入りましたか・・ よかったですね~^^

>自然巣でアカリンダニ感染はあるんでしょうか?

ありますね。今年初めて待ち受け箱を置いた所で徘徊蜂を見ました。辺りは山ばかりで巣箱があるような所ではないので、近かくに自然巣がある筈と探してみたのですが見付けられませんでした。自然巣は何でアカリンダニの被害を受けにくいのか・・・? 実は、これも新巣飼育を考えるヒントの一つになっています。
二ホンミツバチは転居を繰り返す習性があるのではないか・・?ということなんですね。巣が古くなったり狭くなったり蜜を盗られたりして秋に引っ越しをする、これを人間の側から見たら「逃去」になるのでしょうが、蜂にしたら単なる引っ越しに過ぎません。引っ越し先が自然の空間なら自然巣になりますし、箱に入れば秋の入居になります。どちらであっても、アカリンダニの被害をほとんど受けずに冬を越して分蜂まで行く確率が高いと推測します。

重箱式はアカリンダニにやられる・・ これは、今、私が考えていることです。理由は採蜜の時に巣板を残すからです。残した巣板をいつまでも育児に使い続けることでアカリンダニの感染率が上がって崩壊に向かう。横胴、丸胴、立胴、等で秋に全摘をした群れは生き残る・・・ 何で?育児巣房が新しくなるから。。
新説・・ ではなく、珍説でしょうかね ^^:
Commented by henro1945 at 2017-05-14 10:41
あ~あ 巣枠群が分蜂してしまった!
Commented by ORFEUM at 2017-05-14 16:40 x
いよかんさん
う! 捕獲は? できましたか?
Commented by henro1945 at 2017-05-14 21:34
ORFEUMさん
何とか取り込みました。
今は誘引欄が咲いていますので、蜂も私もパニくってしまいました。
最初は金稜辺に、次はミスマに、終いはホアゴットンフルーツに留って、最後は花ごと重箱に入れました。
我が家の花をすべて切り落とし、水を張ったバケツに放り込んで、混乱している蜂を治めた次第です。
女王蜂を手のひらで握って歩いたのは初めてです。
やっぱり、王籠は必要ですね。

こんなに早く分蜂するとは思っていませんでした。
気局、巣枠が間に合いませんでした。
内見したら、王台が4~5個増えていました。
両端の巣枠に1個づつ出来たのはいいのですが、写真の巣板に更に2~3個出来ていたのには困ってしまいます。
分割の難しさが徐々に分かって来ました~^^:
Commented by ORFEUM at 2017-05-14 22:47 x
いよかんさん
今日一日、大立ち回りをされていたのですね。読みながら大笑いしてしまいました。
自分も思い当たる事ばかりです。
ドキドキしながら女王を両手に包んで運んだ事もあります。先日は分割作業中に分蜂が起きて、何で俺は何時もギリギリなんだと後悔しました。

分蜂群(母群)を巣枠箱に入れられたら、残りの王台もいろいろ使い易くなったでしょうが、きっとそんな状況ではなかったんでしょうね。
何はともあれです。取り込み成功でおめでとう御座います。一日お疲れ様でした。

私も失った王台を取り戻す為に、いろいろ試しています。王篭が一つ有ると何かと便利です。
Commented by ぜうす at 2017-05-14 22:48 x
いよかん様

大変な一日になりましたね。
私もかつて人工分割を試みたことがありましたが、王碗と王台の数の把握やほぼ似たような状態の王台のときはどっちが先に蓋を開ける可能性があるのかなどを学んでいるうちに分蜂してしまったり、無王群になってしまったりした思い出があります。
最終的には何でも経験して、数をこなすことで身になるってことでしょうね。私は環境もありますが、自宅で1~2群の世話をすることに落ち着いた次第です。

自然巣へのアカリンダニ感染の件、情報をありがとうございます。自然巣の状態が重箱で見るようないかにも固くて貯蜜圏に近い巣板ではないことなど、いよかん様の新巣飼育に通じるものがありますね。
漠然とではありますが、共通点があることに注目したいです。
Commented by henro1945 at 2017-05-16 06:01
ORFEUMさん
残り少なくなっていた誘引欄の花を全部切り落としてしまったのが、今となっては悔やまれます。
でもその時は、この1群を逃してなるものかという気持ちの方が勝っていました。

夕べ、洋箱群を移動させました。
高い所にあって、脚立を使っての分割作業には無理があるのと、今度の週末に3日ほど留守にすることを考えてのことです。
移動先は元ミカン畑だった所で、残っているミカンの木の下に置いてきました。
今は丁度、ミカンの花の時期でいい香りが漂っています。
ここは平らで足場もいいですし、空になった箱も5~6個転がっています。
Commented by henro1945 at 2017-05-16 06:16
ぜうすさん

>私もかつて人工分割を試みたことがありましたが、王碗と王台の数の把握やほぼ似たような状態の王台のときはどっちが先に蓋を開ける可能性があるのかなどを学んでいるうちに分蜂してしまったり、無王群になってしまったりした思い出があります。<

その通りですね、、私も同じです。
これは、ORFEUMさんのようにコマメに内見をして、蓋掛けされた日を記録しておかないとダメだということが分かりました。
今度の所は足場は良いのですが、ちょと遠くなりました。
取りあえずは1回分割をして、その分を家に持って帰ろうと考えているところです。
今日は移動先の写真を撮って来ようと思います。
<< みかんの花咲く頃 「新巣飼育」 >>