<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

洋ミツ

玄関先の「もみじ」の葉が葉緑素を持ち始めました
この手のもみじは葉が落ちるのが早いので紅葉はあまり期待できないかも知れません。
f0176521_2246837.jpg

「ひさし」の上は高さがないので、重箱式を横長式に置き換えました。
f0176521_2257058.jpg

早速、偵察蜂がやって来ましたが・・・何か違う。。。
西洋ミツバチか?
f0176521_22593649.jpg

地ミツ(日本蜜蜂)の分蜂は今が盛りですが、
「洋ミツ」こと西洋蜜蜂の方はこれからと聞いています。
7匹が出たり入ったりして、箱の内・外を入念に調べている様子です。
このままいくと明日にでも来るかも知れない、しかし明日から3~4日僕は家に居ません。

今度は前回の日本蜜蜂の時とは話が違います。
西洋蜜蜂は体が触れただけで刺して来るというではありませんか。
刺されたら凄く痛くて腫れるとか、近所の奥さんがそんなことにでもなったら大変です。
by henro1945 | 2010-04-30 23:39 | Comments(4)

確信


f0176521_2162443.jpg
f0176521_2165586.jpg

f0176521_21135113.jpg

今日は来るという確信がありました。
群れが違うと偵察蜂同士で喧嘩をします。取っ組みあったり・・足に噛み付いたり・・噛み付いたら相手が動かなくなるまで絶対に離しません。噛み付かれた方は何とか離れようと、もがきにもがいて体力を消耗して死んでしまうのもいます。巣箱の争奪戦です。

激しく動いているなと思っていたら、2時半頃に急に1匹もいなくなりました。
それから10分後です。東の方角から黒い雲のような塊が向かって来るではありませんか。
やっぱり来ました。。。あっと言う間に我が家が日本蜜蜂の大群に包まれてしまいました。
近所の「女王蜂」も「二匹」・・・
女王蜂が入るのを確認しようとしましたが、今日は見つけられませんでした。

この分では山は分蜂ラッシュで大変なことになっているはず・・・と急ぎ向かった次第です。
ところがどうしたことでしょう、静まりかえっているではありませんか。待ち箱を見て廻りましたが新たに入っているのはありません。それどころか、あれほどいた偵察蜂が一匹もいません。さて・・・これは一体どういう事なのでしょう???
by henro1945 | 2010-04-28 22:16 | Comments(4)

ショー

f0176521_21491014.jpg
f0176521_21493346.jpg

働き蜂の3倍くらいで ずんぐりむっくり のオスの姿が見える
                        ↓  ↓
f0176521_21592455.jpg

いた~ 女王蜂だ                  ↓
f0176521_21502617.jpg

f0176521_21545465.jpg

f0176521_220717.jpg

一瞬、我が目を疑いました。

箱は先週作ったのを2日前に、デボニアナムは昨日置いたところですから。
最初にこれを見たのは午後3時、それから約1時間ほどのドラマでした。
2時半ごろに覗いた時は数匹が居て、あ~偵察蜂が来ているな・・と思ったくらいのものです。
それから 他の箱を見回って、もう一回見に行ったら・・・ 「うわぁ~~!」
慌ててカメラを取りに向かった次第です。
思えば、見回っている途中で例の 「う~~~」という羽音が聞こえたような気がしました。

特等席に座り込んでの見物は、巷で話題となっている「3D」より上ではなかろうかと思っているのですが?(^^)
女王蜂が入ってくれるかどうか心配しながら注視していたら、突然、女王蜂が飛んだ~
あわゎゎゎ!行ってしまうのか~? そうしたら、巣箱の周りを2~3回まわり、途中で屋根のトタン板にゴ~ンとぶつかって(飛ぶのは下手なのかも)、大丈夫かな~と思ったら巣門の前に下りて、アッという間に入ってしまいました。
シャッターを押す間もありませんでした。

デボ・・・ 恐るべし。。。
by henro1945 | 2010-04-26 23:47 | Comments(5)

デボちゃん 出番だ~ 

f0176521_20532019.jpg
f0176521_20535769.jpg

デボニアナムが咲きました。
お世辞にも綺麗とも可愛いとも言えません。

一足先に咲いた金稜辺の方は既に「山」で奮闘中です。
先日の2群の捕獲はこの「金ちゃん」の力に違いありません。(1群はいなくなりましたが)
金稜辺を置いた2箱に日本蜜蜂が入って、人様のものも含めた他のには入りませんでした。
花を保護する為のネットの中で蜂が20匹ほど死んでいたことは、誘引されてそこで塊を作ったことを雄弁に語っているように思います。
以来、紐はしっかりと締めることにしていますが、この寒さが去って日中の気温が20度を超えてくれば「分蜂」がおこることは明白です。

デボちゃんこと「デボニアナム」の実力のほど・・・じっくりと見せてもらいましょう。
by henro1945 | 2010-04-24 20:56 | Comments(5)

乱舞

f0176521_21311667.jpg

↓道路を挟んで向い側に置いてある、私の待ち箱。
f0176521_21324041.jpg

分蜂した日本ミツバチが住居と決めて、「捕獲用巣箱」に入りつつあるところです?。
「ウ~~~~~   」 何ともいえない羽音を響かせて、数百~数千の蜂が飛び交う様は壮観でした。
近くに新築で格好の良い「ハウス」があるのに、こちらは見向きもしません。
なんでじゃ~~! 精魂こめて作ったのに~~~!!(笑)
でも、めったに見られない場面に遭遇してラッキーでした。
by henro1945 | 2010-04-13 22:02 | Comments(2)

一群・ゲット

f0176521_1222193.jpg

f0176521_12404684.jpg

こちらは第二号待箱、入居者募集中。。。
f0176521_12301212.jpg

そろそろ分蜂の時期だな・・と様子を見に行ったら、
何と、12月に設置した第一号の「待箱」に日本ミツバチが入っていました。

出入口には常に2~3匹の門番がいて、外敵や他の群れの蜂などを見張っている様子です。
働き蜂がブンブンと周りを飛び回っていて、ポンポンと私の体に当たって来ました。
警告なのだろうが、怖くなって早々に退散しました・・・こんなので果してミツバチが飼えるのだろうか。
いざ、となると少し弱気になってしまいます。
by henro1945 | 2010-04-09 12:45 | Comments(4)