<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「へんろ養蜂場」・・・?

1号群: 入ってくれて・・とにかく嬉しかった!。
 ↓     新蜂誕生によって、驚くほど勢いが付いてきました。

(逃走、原因はスムシ) 
(スムシを大発生させたのは私の責任です。夏場の暑さ対策のためにと思って巣箱の上部に空気抜き用の小さな穴を数個あけました。そこから親蛾が例の細くて長い産卵管を差し込んで卵を産み付けたものと考えております。巣房に産み付けられた卵は全てがかえって幼虫となっても、巣壁をよじ登る必要もありません。それではミツバチも駆除できず、お手上げなのでしょう。放棄された巣にはスムシがウジャウジャ居ました。勿論、逆にハチが居なくなったからスムシがはびこったとも考えられます。「自己流がベスト」が私のスタンスでして、教訓として、一段目以外は完全密封すべし、に至りました。今の巣箱にしているように荷造り用のテープでは不完全なのかも知れません、今年は重箱のつなぎ目を全てコーキングにするつもりです。)2011/1/12 追記
f0176521_21163628.jpg


2号群: 一番弱小の群。未だに働き蜂の数が減り続けていて、生存が危ぶまれます。
 ↓(消滅、無王?)
f0176521_2117253.jpg


3号群: 入居するところを目撃し、カメラに収めることが出来ました。
 ↓     下のを1段外して3段にしました。1段の高さは14cmにしてあります。

(逃走または消滅)(これは「ショー」と題して入居の場面を載せた群れです。女王蜂は確認出来たものの、その女王蜂に何らかの問題があったのかも知れません。残されていた巣板が小さかったですから、消滅の可能性の方が高いと思います。)2011/1/12 追記
f0176521_22383645.jpg


4号群: 「重箱式巣箱」 3号と同じに見えますが別です。
 ↓     巣の「成長」に合わせて、下に1段ずつ継ぎ足していって、秋までに4段((正しくは5段)以上必
       要となれば採蜜が可能だそうです。
(健在)
f0176521_22402377.jpg


5号群: 横長の巣箱、これも入居時、女王蜂を確認することが出来ました。
 ↓(健在)
f0176521_2119072.jpg


6号群: 入居の時は近所の「女王蜂二匹」も加わって、賑やかだったこと。
 ↓     山に移動しましたが、この箱には2群・女王蜂が2匹いる可能性があります。

(消滅、女王蜂に異変?デボのせいで2群入った) 
(デボニアナムは強力すぎて扱いが難しい処があります。自宅で入居したのを山に移したものですが、家に置いている時に花壇のデボに他の分蜂群が寄って来て、既に入居者があるこの巣箱に入って,ワ~~~ワ~~~ワ~~~ンと大騒ぎになりました。デボの鉢の周りでは、巣造りの為に必要な「蝋」を出してしまった蜂が50匹ほど死んでいました。以来、デボニアナムに花がある時は鉢を暗い倉庫の中に入れて締め切って置くようにしました。このように、ハチを狂わせてしまう処がありますので注意が必要かと思います。鉢で置かずに切り花にして1本づつ置く方が良いように思います)2011/1/12 追記
f0176521_2120012.jpg


7号群: 本隊が道に迷って、分隊より1日遅れて到着しました。
 ↓     7群の中では最大の群れです。
(健在)
(迷ったのではなく、女王蜂が飛行に疲れるなどして一旦地上に降りたとも考えられます)2011/1追記

f0176521_21203082.jpg

分蜂した群れの働き蜂は前年の秋に生まれて越冬したもの?で、人間ならば「中高年」と言ったところでしょうか。したがって、群れが真っ先にすべきことは新しい働き手の育成という事になります。働き蜂は最後の力を振り絞り、懸命に蜜を集めて体内で蝋に変え、それを分泌して巣を作っていきます。失敗する訳にはいきません。もう やり直す余力が残されていないからです。

通常、3週間くらいで「新蜂」が出ると聞きましたが、7号群で今日(5/29)「おっかなびっくり飛行」を目撃しました。  働き蜂が巣から飛び立つときは、まるで航空母艦から発進するジェット戦闘爆撃機のごとくに シュー っと消えてしまいます。飛行機と同じで、やはり着艦は離艦より数倍難しいらしく、失敗する者の続出です。一番多いのが減速ミスですね。ひさしの角にぶつかる奴が多くて、余りにも痛そうなのでクッションを取り付けてやりました。

少し飛んでみて直ぐに巣に戻ってしまいますから新蜂の飛行は一目で分ります。
しばらくは巣の中の仕事に専念して、蜜や花粉を集めに行くようになるのは当分先のことのようですが。
2号群では当に新蜂が居ていい筈なのに・・・おかしい。。。
by henro1945 | 2010-05-28 22:49 | Comments(2)

観察窓

f0176521_14502685.jpg
f0176521_14525683.jpg

f0176521_1456208.jpg


とうとう 刺されました。
前蓋を外したのですから、攻撃をして来るのは当然です。
分蜂のときは、お腹にいっぱい蜜を入れて新天地に旅立ちます。
1週間位は何も食べなくても大丈夫だと聞きました。
文字通り裸一貫ですから、守らなくてはならない財産は何もありません。
したがって、攻撃をする必要もないわけです。

箱に入ってから2週間ともなれば、巣もでき・子もでき・少しは蓄えもできます。
こうなると話は違ってきます。働き蜂の任務のひとつに「巣の防衛」があります。
彼ら・・いや彼女らは巣を守るためなら命をも捨てます。
蜜蜂の針にはモリや釣り針のような「かえし」があって、一度刺したら抜くことができません。
突き立てた針は蜂のお尻からもげてしまいます。
針の根元には筋肉の塊が付いていて、それだけが収縮を繰り返して毒を注入し続けます。
刺した蜜蜂は死んでしまいます。

ガラスの観察窓は成功のようです。
窓の蓋を開けて光を入れても、群れは乱れることはありません。
日本蜜蜂は危険を感じると、全ての蜂が一斉に体を震わせて、繰り返し「音」を出します。
砂利の浜に寄せた波が返す時のような音・・・とでもいいましょうか。
スズメバチなどの外敵に対しての威嚇の行動のようですが、それがありません。
加工するために蓋全体を外した時はずうっとやっていましたから~。

さてさて これから先、どれほど刺されることやら。。。(^^)
by henro1945 | 2010-05-22 15:26 | Comments(2)

うさぎ追いし かの山~

新しくなった実家
f0176521_2319757.jpg

ライトアップされた「桜街道」、2キロにわたって200本の八重桜が植えられている。
f0176521_23221877.jpg

by henro1945 | 2010-05-14 23:36 | Comments(4)

戦いすんで 日は暮れて

f0176521_21234445.jpg
f0176521_2124203.jpg


「デボニアナム」と「金稜辺」の凱旋です。
初挑戦で日本蜜蜂を7群捕獲できたのも彼らのお陰でしょう。
デボの力の強さには戸惑いはしましたが。。。

感心するのは・・分蜂の時期を過ぎてしまえば何の作用もしないことです。
咲いている花があっても、もう蜂は1匹も寄って来ません。
それで、今年のこの地方の日本蜜蜂の分蜂が終わりつつあることを悟った次第です。
by henro1945 | 2010-05-10 22:35 | Comments(2)

一日送れて 本隊が到着

f0176521_15233659.jpg

    女王蜂                    ↓       
f0176521_152466.jpg

                ↓
f0176521_15242553.jpg
f0176521_1524463.jpg
f0176521_1525652.jpg

昨日は南西の方角から、例の黒雲(蜂雲)がこちらに向かって来るのが見て取れました。
ところが、何があったのか、四軒ほど手前の家辺りに降りてしまって凄い羽音を立てていました。
仕方なく、そこでの捕獲は断念して、ひたすら薬殺駆除されないことを祈っておりました。

それが 今日 一日遅れてやって来たというわけです。
この群れは働き蜂の数が多い「強群」といえるでしょうか?。
山の群れの方はどれも数が少ないように思います。
先に家の待ち箱に入ったのも相当大きな群れと言って間違いないでしょう。

巣門に殺到してもたもたしていたので、前面のふたを取り外し、入りやすくしてやりました。
女王蜂もしっかり確認できました。
収まって、やれやれ~~~ この間、約30分でした。
by henro1945 | 2010-05-07 15:57 | Comments(2)