<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ぜうすさんに頂いたメール

ぜうすさんの許可を得て、頂いたメールを転載します。
以下はぜうすさんが作成されたものです。

----------------------------------------------------

分蜂後16日が経過したので、正常な分蜂であれば、産卵・育児が
開始されているはずのなので、昨日、元群~分蜂群まで覗いてみました。


まずは最初に元群から分蜂した母女王の巣枠群です。
巣枠と言えば、おなじみの柴とみつばち様製の巣枠巣箱です。

分蜂後、たった2週間ちょっとで、巣枠1段目の5枚まで造巣していました。
これだけ一気に造巣するのも初めて見ました。

なんと、やはり普通に分蜂していて、元群から出た母女王に間違いないです。
正常に産卵・育児されていて、女王もしっかりと発見することができました。
見た目の黒さからすると、2年目の女王に見えました。

f0176521_23415526.jpg


蜜蜂を追い払って、巣房の状況を確認してみました。
幼虫の蓋がけも終わり、来週末までには新蜂が出てきそうです。

巣枠4枚が大体、このような感じで、5枚目が針金1段目ぐらいまで
造巣しています。

f0176521_23424191.jpg


一方、同じ日の夕方に分蜂した長女の重箱群です。
巣枠群と同じ日からスタートしたとは思えないくらい造巣の状況が違います。
巣落ち防止の棒に巣板がかかっているので、天板から8cmぐらいです。
こちらは構造上、女王の発見はできません。

底板に卵が散らばっている状況ではないので、今のところ無王群になって
いないとは思いますが、今ひとつ、怪しさもあります。

f0176521_23435336.jpg


そして、次女に当たる元箱の群です。

下から覗いてみると、天板がまだ見えています。
そして、また王碗や王台らしきものが・・・・しかも、今度は雄蜂のような
巣房もあります。

f0176521_23461891.jpg


前回の分蜂後、残っていた王台の蓋が働き蜂に開けられ、すべての王台と王碗が
なくなりました。

この巣板の状況を見ると、無数にあった王台を削り落としてあり、また新たに王碗と
王台を作っているようです。

王台以外の産卵巣房ではどう見ても雄蜂に見えます。
王台・王碗があると言うことは、次女は分蜂の交尾も終わり、有精卵産卵をして
いきなり、再度分蜂に備えていたとしたら驚きです。
巣房の中は幼虫もしっかり入っていますし、無王群独特の1巣房多産卵も見当たりません。
また分蜂する準備・・・?
こんなことがあるのでしょうかね・・・。

f0176521_23465750.jpg


f0176521_23491328.jpg


f0176521_23523867.jpg


今回、巣枠→長女重箱→元群の順に覗いたのですが・・・


巣枠=本当に正常分蜂なら外勤の動きと造巣が予想どおり
    (それにしては2週間で巣枠5枚目とは初めての造巣スピード)

重箱=外勤の花粉持込が今ひとつなので無王も含めて予想どおり


元群=巣枠が正常だったと言うことは元群にも新女王誕生。
    外勤が正常なので、予想としては巣齧りをして新産卵圏造巣
    加えて、天板の空きの部分に新しく造巣して、新産卵圏。
    
だろうと思って、元群の側面を開けたら、前回の王台だけ巣齧り掃除して
王碗・王台・雄巣房の生産でした。

通常の越冬・分蜂後のように巣齧り後にきれいな巣房ができていて
そこに新たな産卵になっていることを思っていたので、どう見ても正常な
巣板産卵には見えませんでした。

本当に正常な王台で分蜂するのか、何かの時間稼ぎで作ってみたけど
潰すのか。
それにしては、もう働き蜂も黒めのおばあちゃんが増えてきてしまったし
分蜂群と同い年の働き蜂のはずなので、ここで世代交代を始めないと
寿命的にももう厳しいでしょう。

ここで一度、巣枠に入れ替えようと思ったのですが、第1分蜂が巣枠で
正常な群を形成してくれたので、元群がどうなるのか、このまま観察して
みたいと思います。


元々が木下様の伊予の蜜蜂達ですので、興味と行方も気になられること
と思います。
週一ぐらいでチェックしていますので、また撮影できたときはお送りします。

----------------------------------------------------

以上、ぜうすさんから頂いたメールを転載させて頂きました。
ぜうすさん、貴重な情報をありがとうございました。
by henro1945 | 2014-07-18 00:11 | Comments(13)

孫分蜂していました。

f0176521_0462365.jpg

5月23日に入ったこの群れ、孫分蜂したそうです。
千葉で・・・・

勢いがいい群れだとは思っていましたが、分蜂するとは思いませんでした。
1群送ったのが一ヶ月経たない内に3群になった?

孫分蜂というものがどの程度の頻度で起こっているのか分かりませんが、
私は数年前に1回見ただけです。

何はともあれ、めでたい話で嬉しくなります~^^

    -----------------------------------------------

ぜうすさんが送ってくださった写真です。
巣板の枚数が少なくて天板が見えているところに特徴があるように思います。
分蜂するために、巣板の数を減らして王台を作りにいった・・・ ようにも見えますが?

f0176521_2122377.jpg

f0176521_2131128.jpg

f0176521_2134562.jpg

by henro1945 | 2014-07-05 00:56 | Comments(14)