<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

野生種は・・ たくましい。

巣箱に倒れ掛かった木が原因です。
f0176521_1047339.jpg


こうなったのは大分前のことようです。
f0176521_10471596.jpg


逃げもせずに・・・ 
f0176521_10485292.jpg


起こしてやったら、喜んでいるかのようにぶんぶんと飛び回っていました。
f0176521_1122260.jpg




ここにも一つ
f0176521_1174355.jpg

あるのです。
f0176521_1181570.jpg

2ヶ月以上、放ったらかしでした。
f0176521_119614.jpg

野生種ですから、これくらいは平っちゃらなのでしょう。
f0176521_11132545.jpg

お~ 可愛い顔が~^^
f0176521_1114572.jpg



by henro1945 | 2014-08-22 11:26 | Comments(4)

冷夏予報が・・・

適中したようですね。
涼しいお陰で今年は早くから採蜜ができます。

f0176521_20334825.jpg

f0176521_2034849.jpg

f0176521_21451560.jpg

f0176521_20345278.jpg


この巣箱、重くて持ち上げられませんでした。
3段取ろうかと思ったのですが、2段にしておきました。
箱は蜜が詰まっていて(一個が9キロ)、4升 10キロの蜜が採れました。
空箱を1段継ぎ足して秋にもう2段とって、4段で冬越しをさせる予定です。

今年は蜜の糖度を81まで上げるつもりでおります。
去年の78~79は失敗でした。
だいぶ発酵してしまいました。
さて、どうやって糖度を上げるか・・・ それが問題ですね^^


by henro1945 | 2014-08-17 20:38 | Comments(11)

陽だまり

山のなかの空き家です。

f0176521_212454.jpg

f0176521_22115390.jpg

f0176521_22846.jpg


「陽だまり」は冬の季語ですね。
向こうの箱には越冬群が居て、手前は空箱です。
置きっぱなしにされた金稜辺が 2か月半一滴の水もなしで耐えていました。
少し、しなっとしていましてが、全く大丈夫な様子です。
金稜辺は乾燥に強いのですね。
逆を言えば、過湿に弱いということになりましょうか。
さすがに新芽は出ていませんでした。

「蜜は詰まっている時に採れ」 最近そう思うようになりました。
箱の上部まで蜜が詰まっていると感じたら、時間をおかないで採った方がいいようです。
先送りすると、採れる量が減ってしまいます。
箱全体で増えたとしても、切り取る上段の蜜の量が減るからです。
特に継ぎ箱をした後にその傾向が見られます。

越冬群の箱の重い事・・・ いよいよ、採蜜開始です~^^


by henro1945 | 2014-08-12 21:43 | Comments(2)

元気です。

ランも蜂もわたくしも・・・^^

f0176521_11454336.jpg

f0176521_1146060.jpg

f0176521_1146139.jpg

f0176521_11462892.jpg

f0176521_11533962.jpg

f0176521_11464362.jpg

f0176521_11465630.jpg

f0176521_11471347.jpg

f0176521_11475446.jpg


忙しくてキツかったのですが、なんとか夏を越しました。
ランも蜂も放ったらかしでしたが、どうやら元気なようです。

蜂と鉢が増え過ぎました。
秋から冬に掛けて放出したいと思っています。
ご協力のほどお願い致します。




f0176521_16501068.jpg

f0176521_1650401.jpg

f0176521_1652514.jpg

f0176521_16523377.jpg

f0176521_1653241.jpg


こちらはHさん(女性)の蜂です。
5月、分蜂も終わりの頃に中古の箱 ( 待ち箱としては古い方が勝る ) とキンリョウヘンを買って頂きました。
キンリョウヘンを置いた次の日に入ったそうです。

写真ではあまり分かりませんが巣板の色が良いのですね、群れが健康な証拠だと思います。
かなり重たかったですから 9~10月に2段の採蜜が可能でしょう。。
う~ん、今から腕が鳴る~~~^^
by henro1945 | 2014-08-11 12:02 | Comments(4)

ぜうすさんに頂いたメール Ⅱ

以下は、ぜうすさんより頂いたメールを転載したものです。



====================================================

分蜂1ヶ月の写真です。

まずは巣枠からですが、先週あたりから分蜂後最初の新蜂が
どんどん誕生し、巣房にも空きができています。
女王も健在ですが、いかんせん、梅雨明けと共に強烈な暑さが
やってきて、造巣と産卵ペースが落ちました。

2段目にするには時期早々で、スムシにやられそうなので
巣枠の状態を見て、前後入れ替えだけしました。

f0176521_23562413.jpg


f0176521_23572561.jpg


f0176521_235954.jpg


こちらは長女群の重箱。
造巣も進んでませんし、残念ながら小さめの雄蜂の蓋がちらほらと落ちていましたので
無王群になっていると思われます。

f0176521_065740.jpg


こちらは次女の元群です。
個人的にはこの状況は不健全な状態に感じてします。
王台はすべて潰されています。

毎日、巣齧りと思われる巣屑も落ちていますが、新巣を造巣する見込みが
あるのか、女王は健全な状態なのか・・・。

巣枠群が暑さで造巣・産卵ペースが落ちているくらいなので、こちらも影響を
受けているのか・・・。

こちらも小さめの雄蜂の蓋が落ちていたので、プラスに考える材料が少ないです。
この時期の普通にこの巣板だけを見れば、無王群確定だと思います。

f0176521_004969.jpg


f0176521_011452.jpg


天板の空きの部分に新巣を造っているのは確認できました。
こちらから新たな希望が始まるのか・・・。
もうしばらく、様子を見てみることにします。

f0176521_02212.jpg


f0176521_022417.jpg


====================================================


ぜうすさん ありがとうございました。
巣枠群は順調にいっているようですね。
私はやったことがないので、巣枠のことはよく分かりません。
ただ、家に巣枠式の箱だけはごろごろと転がっております。
拝見して、再びやってみようという意欲が湧いて来ました。

長女と次女は問題がありそうですが、こちらは様子見ですね。
孫分蜂ですから、一つでも旨くいってくれたら上出来ではないでしょうか。
こんな写真は・・・ 私には撮れませ~ん^^
by henro1945 | 2014-08-03 00:10 | Comments(6)