<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雪も氷も・・なし

f0176521_1541287.jpg


f0176521_1543451.jpg


f0176521_1545329.jpg


f0176521_1552382.jpg


f0176521_1555568.jpg


冬場の採光が大切です。
これで、春の新芽の出方が決まると言っていいかも知れません。
f0176521_17133173.jpg


f0176521_1515152.jpg


f0176521_15152093.jpg


f0176521_15153966.jpg


気温11.4度、日差しを利用して蜂はぼつぼつと集蜜に出ています。

キンリョウヘンは夏も冬も同じ環境で、この時期は天からのもらい水だけです。
最近は 「 キンちゃんは 一に採光  二に水やるな・・・ 」 で育てています。
育てているというより育っているという方が合っているのかも知れませんが。

一年をとおして適度に陽を当ててやることが、何よりも大切なことだと思っています。
買ったのは100鉢もありませんが(あるかも?)、今は3倍近くになりました。

デボニアナムとフォアゴットンフルーツの株が増えないのもその辺にあると思います。
3ヶ月間、日の当たらない室内に入れて置くのですから、新芽の出が悪くて当然なのでしょう。

蜂も同じで夏も冬もありません。
基本的に、巣門は4面解放のままで1.5㎝厚の巣箱も保温はしません。
それで、冬を越せない群れは駄目で構わない、強い群れが子孫を残していけばいいと考えています。
それが野生の掟でしょうから。

キンカンはよく成りましたが、何故か孫と植えたビワの木に花が付きませんでした。
雪は積らず氷もはらず・・・ それでも、わたしは冬籠り・・・^^
by henro1945 | 2014-12-23 15:23 | Comments(16)

松山城

f0176521_14455128.jpg


f0176521_14461515.jpg


f0176521_14463667.jpg


f0176521_1447963.jpg


f0176521_144742100.jpg


f0176521_1448582.jpg


f0176521_14482046.jpg


孫について歩くのがやっとで、天守閣の急な階段を上がり下りするのもこわい・・・・ こんな筈でなかった^^;
現存天守閣がある、松山城 高知城 松江城 が国宝でないのが不思議に思えてなりません。
江戸時代以前に建てられた天守閣で現存するのが12あるそうですが、これらはすべて、国の宝ではないでしょうか。
まあ、そんなことはどうでもいいのですが、もう一度、桜の咲くころに来たいものだと思いました。

いい運動になりました・・ だんだん  ( だんだん は松山地方の方言で感謝の気持ちを表す時に使うそうです )


  松山や  秋より高き天守閣      正岡 子規


by henro1945 | 2014-12-13 14:56 | Comments(5)

火の用心

寒空に・・・ ご苦労様です。

f0176521_1953489.jpg


f0176521_1955710.jpg


f0176521_1961696.jpg


f0176521_1971136.jpg


f0176521_19105281.jpg


f0176521_19212422.jpg


追加写真
f0176521_17183294.jpg





こちらも、せっせとビワの花粉を運んでいました。
温暖で豊富な蜜原もあって、冬でも盛んに集蜜活動をしています。
この巣箱は2面解放巣門ですが、ほとんどが4面解放のまんまで保温もしてありません。
日本蜜ミツバチの蜂蜜が、日本で一番採れる県はどこかと聞かれたら、私は迷わず愛媛と答えます。
その分、蜜の値段も安い・・・ ですが・・・^^;

f0176521_19294999.jpg



標高が高い久万高原町という所においている一群は巣門を狭くしました。
使ったのはエアコン用のパテですが、蜂はこれを嫌いません。
このパテ、色々なことに使えて便利です。

f0176521_20341230.jpg


f0176521_20505233.jpg





by henro1945 | 2014-12-10 19:16 | Comments(7)