<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1群 入りました。

多分、自群の分蜂群だと思います。
近くにそれらしい(溢れていた蜂が減った)巣箱があります。

f0176521_21155469.jpg


f0176521_2116206.jpg


巣門を待ち受け用から飼育用の4面解放式に変えました。

f0176521_21164046.jpg

今年、この場所で3回目の入居です。
4回目を狙って、空箱と入れ替えて来ました。

入居したのが分蜂群なら、交尾はどうするのでしょう。
元巣の周辺の群れでは、雄蜂が産出されている可能性はあります。
でも、移した所には居そうにありません。

同じ群れの女王蜂と雄蜂は交尾をするのでしょうか・・・?
う~ん、分らない。
やっぱり、逃去群かも知れませんね。

        -------------------------------------------

アゲハチョウの幼虫に葉を食べられてしまった幼木から新芽が出てきました。
しかし、ビービーツリーが柑橘系の木だということは知らなかったですね・・・・

f0176521_731750.jpg


f0176521_7313073.jpg

このまま鉢で育てて、冬場に地に下そうと思っています。
by henro1945 | 2015-07-28 21:29 | Comments(4)

可愛い来訪者

アゲハチョウの幼虫でしょうか。

f0176521_939138.jpg


f0176521_854759.jpg


f0176521_8543094.jpg


日陰に移して、葉がある木を横に添えてやりました。

f0176521_8545632.jpg


この木、実は信州の蜂友さんが送ってくれた、大事なビービーツリーの苗木です。
丸裸になった木からは新しい葉芽が出ると思っているのですが・・・・
時期が遅いだけに、 ちょっと 心配です。

大事なビービーツリーの葉っぱを食べられたら大変ですので、幼虫をスモモの木に移しました。
by henro1945 | 2015-07-24 09:13 | Comments(7)

挿し木にしたデボニアマム

根を全部除けてしまって、挿し木にしたデボニアマムのその後の様子です。

f0176521_14284397.jpg


鹿沼土では枯れたのもありました。
発根も今一です。

f0176521_14292848.jpg


f0176521_1430216.jpg


f0176521_14313720.jpg


下の写真の用土では枯れたのがありませんでした。
根の勢いもいいようです。
よって、鹿沼土の分をこの用土に植え替えることにしました。

f0176521_1434636.jpg


f0176521_14332633.jpg


f0176521_14345167.jpg


f0176521_14353620.jpg


f0176521_14362229.jpg


f0176521_14363998.jpg

デボニアナムの根を全部むしり取って、スッポンポンにして植えたらどうかな・・・ と思ってやってみました。
結構、うまく行きそうな気がして来ました。
また、ご報告いたします。
by henro1945 | 2015-07-22 14:59 | Comments(4)

孫分蜂か!

「クヌギの枝に蜂の塊がぶら下がっている」 という電話をもらって飛んで行きました。
四国の軽井沢とも言われている久万高原町は、アジサイの花が盛りでした。

f0176521_20571318.jpg


孫分蜂群かと思ったのですが、残念ながら逃去群でした。

f0176521_20573449.jpg


蜂を落し込んだ箱の向こうに見えているのが元巣です。
日陰がないコンクリートの上は、さすがに暑かったのかも知れません。
それにしても、小さな群れだこと・・・

f0176521_20575727.jpg


今年入った群れですが、蜂がほとんど増えていないといっていいですね。
久万高原町は林業の町で、杉や檜の植林が進んでいます。
植林された山は蜂にとっては砂漠も同然なのでしょう。
車にあった、200gの蜜が入った瓶に枯枝を差し込んで箱の中に置いて来ました。
by henro1945 | 2015-07-16 21:29 | Comments(8)

給餌

蜂友が給餌をしたいというので、何年振りかで砂糖水を作りました。
私は給餌をしないのですが、蜂の飼い方は人それぞれです。
必要があって 適時適量の給餌をすることは、否定はしません。
f0176521_1816543.jpg


f0176521_18172128.jpg


f0176521_18174174.jpg


他の蜂を呼び寄せないように、夜間に巣箱のなかに入れてやるのが理想的かも知れません。
f0176521_18175981.jpg



1㎏の砂糖を500ccの水で溶かしました。
給餌器は私が4~5年前に使ったものです。
f0176521_19183075.jpg


f0176521_1919559.jpg


f0176521_19205817.jpg


            ----------------------------------

種蜂として 越冬群を5群置いた、集積捕獲場はこの1群だけが残って4群は消滅しました。
結局、分蜂は一つも確認できませんでした。
f0176521_22104168.jpg


f0176521_22243665.jpg


f0176521_22251100.jpg

一群は西洋ミツバチに乗っ取られてしまいました。
西洋ミツバチは人の力を借りないと冬が越せないという話を聞きました。
したがって、野生化することはないのだそうですね。

-----------------------------------------------

7月11日、早朝の様子です。
分蜂するなら、今日か明日と見ているのですが・・・
集合板も数か所に設置しましたが、これは自信がありません。
f0176521_5155059.jpg


f0176521_5161573.jpg


f0176521_5164717.jpg

一つ問題があります・・ 近くに雄蜂がいないことです。
蜂友の蜂場で、孫分蜂した痕跡があって雄蜂が居るのがあります。(雄蜂が居たので内検をしました)
それを連れて来ようと考えているところです。

f0176521_544346.jpg

by henro1945 | 2015-07-09 18:18 | Comments(12)

夏分蜂の当たり年・・・・

今年入った群れです。
f0176521_179087.jpg


継ぎ箱をしようとひっくり返したら・・・
f0176521_179275.jpg


f0176521_1795096.jpg


何と、王碗ができていました。
f0176521_17101572.jpg


f0176521_18555730.jpg

これは、孫分蜂をしますね。
蜂密度が高い地域では孫分蜂をしない・・ と推測していたのですが、
どうも、違っていたようです。

     ---------------------------------------

こちらは、「孫」ではなくて「子」の方です。
越冬群ですが、春に分蜂していませんでした。
蜜を取りに行って・・・ 蜂が少なくなっているので内検してみたら案の定分蜂していました。
先週、近くで2群入ったのが この箱から出たのに間違いなさそうです。
f0176521_17105825.jpg


f0176521_17112135.jpg

今年は夏分蜂の当たり年と言って間違いないと思います。
私は、夏分蜂イコール孫分蜂という考えを持っていたのですが、それも違っていました。
夏分蜂には「孫」も「子」もあるということが確認できました。

今年の春の分蜂期に・・ 分蜂してもいい筈の多くの越冬群が分蜂しないという異常な事がありました。
もし、それらの分蜂と孫分蜂とが一緒に来たなら・・・ 大変なことになります。
もう一山・・・ 来たりして~~^^

      -----------------------------------

上の群れを家に連れて来ました。
f0176521_17475198.jpg


連れて来て気が付いたのですが、この群れには雄蜂がいません。
当然ながら、雄蓋もありません。
f0176521_17481989.jpg

果して、分蜂モードに入っているのでしょうか。
う~ん! 分りませ~ん^^;
一つ分かっていることは、これが4月14日に家で入ったということです。
家で最初に入った群れで、私は第一分蜂群の可能性が高いと見ています。
by henro1945 | 2015-07-01 17:50 | Comments(10)