<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11月に入った群れ

(写真を追加しました)

f0176521_2129495.jpg


f0176521_21303344.jpg


f0176521_2131732.jpg

山のおじさんが、11月に入った群れの写真を送ってくださいました。
昔、11月に入った群れが冬越しに成功した・・ という書き込みを何処かで読んだ記憶があるのですが、実際に目にしたことはありません。

蜂球の形から、懸命に育児をしていることが伺えます。
体の色が黒っぽいのは ここで生まれた冬蜂(寿命が長く攻撃性が強い)のような気がするのですが、どんなものでしょうか
冬の産卵停止までにどれだけ蜂を増やせるかですが、頑張って欲しいですね。

   ----------------------------------

「冬蜂」
f0176521_22313187.jpg



f0176521_22315064.jpg



f0176521_22395463.jpg

日本ミツバチに「冬蜂」という用語があるのかどうかは知りません。
初冬になると、それまでと違った働き蜂が姿を現わします。
体が黒っぽくて攻撃的で寿命が長い・・ という特徴を持っているのですが、これも 厳しい冬を乗り切るために必要なんでしょう。
この蜂・・ 気が荒いのなんのって!  とても、同じ群の蜂とは思えません。

    ------------------------------------

内見
f0176521_19222921.jpg


f0176521_20374381.jpg



    ------------------------------------


山のおじさんが最近の写真を送ってくださいました。
f0176521_20432088.jpg


↓拡大
f0176521_20383829.jpg

20日前と比べて蜂が若がっているように見えます。
順調に育児が行われていようです。

蜂の老若をどこで見分けるかですが、私は羽根(翅)の形で判断しています。
羽根が戦闘機のように開いているのは若くない、すぼんでいるのは若い蜂・・ です。
羽化してしばらくの間は巣房に入っていた時のなごりがある筈だと考えられるからです。
ただし、これが正しいかどうかは分かりません。
by henro1945 | 2016-12-06 21:49 | Comments(34)