<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

王椀を確認。

f0176521_20145085.jpg


f0176521_20152668.jpg
一ヶ月ぶりに見に行きました。
巣箱の下(周り)が雄蜂の死骸で真っ黒になっていたのにはびっくりしました。
雄蜂は働き蜂よりアカリンダンに感染しやすいのでしょうか?
一時は、生存が危ぶまれた群れです。

王椀が出来ていました。
この様子だと分蜂はまだ先のようです。
自然に分蜂させたら、どこへ飛んで行ってしまうか分かりません。
タイミングを見て、人口的に分けられないものかと考えているところです。

王台を一つ切り取って空箱の天板にくっ付けます。
付け方は2液混合タイプの接着剤を使うか蜜蝋を湯煎で溶かして使うか・・・?
問題は蜂をどうやって分けるかです。

写真は巣箱をひっくり返してあります。
ゆっくり動かせば蜂は殆ど騒ぎません。
王台を確認しようと息を吹きかけたら、パニック状態になって奥の方に逃げ込んで行きました。
一番奥が天板で、そこには穴が開いています。
その穴からぞろぞろと逃げ出して来ていました。
ということは、下に空箱を置けばそれに入ることになります。

上手く分けられたとして、もう一つ問題があります。
女王蜂は元の巣に残さなくてはなりません。
万という数の蜂のなかから女王蜂を探し出すというのは、まず 無理でしょうね。
これは、それほど気にする必要がないのかも知れませんが。

分蜂しそうな群れはこれを入れて2群です。
夏には30群居たのに・・・・



f0176521_22402616.jpg


f0176521_22405458.jpg


f0176521_224111100.jpg
分蜂しそうな、もう1群です。
重たいのを 無理をして山から下して来ました。

今日は、分蜂か! と思うほどの大騒ぎをしました。
まだ、分蜂してもらっては困ります。
キンリョウヘンは蕾も出ていません。
こちらは、今の所分割は考えていません。
by henro1945 | 2017-03-26 21:01 | Comments(8)

方向性が同じ。

ぜうすさんからメールを頂きました。
レベルが高いのと方向性が同じところに驚きを覚えました。
私だけが読んだのでは勿体ないので、許可を頂いて転載します。


   ---------------------------------
          「ぜうすさんから寄せられたメール」

ご無沙汰しております。

ブログの方をいつも拝見だけさせていただいております。
千葉県の我が家に分譲をしていただいた当時から早3年の歳月が流れましたが
いよかんさんの地方までアカリンダニが蔓延している現実に胸が痛む思いです。


私が住む千葉では4年前の2013年の秋から冬に感染して春を待たずに全群崩壊。
この際、感染が確認されてから試したのは、市販養蜂薬として手に入手可能な
アピライフバーと蟻酸パテでしたが、感染を止めることはできませんでした。

翌年2014年の春の分蜂でキンリョウヘンで待つも5月末になれど入居せず、
いよかんさんからの分譲により救援していただき、その後、孫分蜂を繰り返し、巣枠に
移設した群を採蜜せず、秋になる頃からメントールの投与だけ始めました。

おそらく、いよかんさんもすごく悩まれたと思いますが、私も一度はどうしても感染を
止めたく、蟻酸パテも使いましたが、結局、何か心に引っ掛かる抵抗感があり、
蟻酸までは使えませんでした。
アピライフバーもすごい匂いで、これを使ってまでして得られるものは何か?
蜂蜜か?蜜蜂か?欲か?希望か?と言うところで、いろんなことを考えました。

巣箱は天板にφ10の穴を5個X3列=合計15個開けて、蜂と害虫が出入り
しないようにステンの網(茶漉しより細かい目)を貼ってあります。
その天板の上に通気目的のために40mmぐらいの根太を2本置いてから断熱で
天板と大きさの発砲スチロールを置いて、雨避けのポリカの波トタンでした。

この構造は通年ですが、冬の間だけはさすがに寒いだろうと根太を12mmの
平板に入れ替えて、いくらか通気性を落としました。
その上に発砲スチロールが乗るので、実質12mmより少なくなると思います。
そして、アカリンダニ感染せずに無事に越冬。
(砂糖水による給餌が蜜蜂の健康面で本来の抵抗力を落としているのでは
ないか?と疑問を持ったことと貯蜜はあったので花粉パテのみ給餌)

2015年の春の分蜂でツバメによる女王食害で無王群となり崩壊。
しかし、キンリョウヘンにより別群が重箱に入居して、自力で蜜蜂浪人から逃れる
ことができました。

2015年入居群は中規模の群でしたが、順調に造巣して群を維持し、秋までには
内寸240X240高150mmの重箱5段(高180mmだと約4段)までいっぱいになり、
秋の採蜜で1段だけを取って、2014年の越冬時のときと同じようにメントールだけ投与。
4段で越冬準備に入ったところで、12月頃から再びアカリンダニ感染を確認。
この時点で砂糖水の給餌による影響や原因で蜜蜂の抵抗力低下は特に問題ないと
思われました。(結局、感染したので)

2013年に感染後に使用した市販薬では、私の群では効果を感じず、感染阻止が
できなかったこともあり、2014年で実績があったメントールと通年、巣箱の天板に
穴開け仕様のままで、4段いっぱいまで造巣された重箱+継箱1段+巣門1段
(いよかんさんと同じ通年F線を使った四面開放で冬だけ1面開放)合計6段で様子を
見るしかない状態になりました。
(貯蜜はあったので花粉パテのみ給餌)

2015から2016年の冬の間、継続的に徘徊して落ちてくる蜂は出るものの外勤もあり、
巣箱の中を覗くと4段のうち1段くらいは巣が完全に露出して見えるくらいになって
いましたが、軽く叩いてみると、ワァーっと言う羽音が響き、群は維持できているようでした。
それでも毎日、徘徊する蜂は確認できていたので、あとはどこまで保つことができるのか
早く彼岸の頃になるまでを見守るだけでした。

その後、彼岸近くになるに連れて徘徊する蜂が見られつつも、陽気の良いときは
時騒ぎも見られるようになり、何とか越冬ができました。

下から覗いた限りでは、間違いなく下1段は巣が完全に露出した状態でしたので、
上から2段もしくは3段目の間で増減の攻防があったんだと思われます。
ここまでの群と蜂数を維持しておけば、感染していて犠牲は出るものの、何とか越冬は
できるのかなと言う希望が見えたように思えました。

(女王は新しい巣にしか産卵しないと聞いていますが、産卵もその段で造巣されて
行われていたと言うことなんだと思われます。ただ、私が別の群を重箱でやっていた際に
新しい巣ではないところでも産卵をしていたのを確認したことはありますが。)

アカリンダニとの攻防で、群が小さくなったためか、2016年はこの群は分蜂しないまま
となりました。
春に1段を採蜜で3段にして、無駄巣と呼ばれる部分も一切、手を加えずに自然に任せ
秋までには5段までに造巣され、秋に1段を採蜜し、前年と同条件の4段で越冬に臨みました。
巣箱の設置場所から構造などの条件や給餌やメントールも同じです。
そして、まったく同じように12月頃から再びアカリンダニ感染が確認されました。
冬季に唯一の違いは、前年は巣門四面開放から一面開放にしましたが、今年は四面開放の
ままにしておきました。
徘徊する蜂数も同じくらいでしたので、あとは前年と同様に蜜蜂の持つ力に任せて、春の
彼岸までを待ってみることにしました。

そして、2月末までは前年よりは少ないものの外勤は認められ、敷地内にある水場にも
頻繁に通っていることも確認。(造巣と育児があったと言うことですね。)
巣箱を覗いても前年と同じように下から1段目は完全に露出。軽く叩くと羽音も前年よりは
弱めでしたが聞くこともでき、攻撃してくる蜂もいたので、何とか今年も越冬できたかに
思いました。

3月に入ってから前年と違ったのは、花が咲き始めても外勤の出入りが少ないことでした。
梅の頃までは良かったのですが、菜の花や早めに咲くサクランボの花には洋蜂だけで
和蜂が見られず、巣箱の外勤も日に日に少なくなり、巣箱から落ちる蜂も止まらずでした。

そして、春の彼岸を迎えて、巣箱を叩いても無音になってしまったので、天板を開けて
みると花粉パテも手付かずのままで、いつもは天板を開けると騒いで出てきますが
1匹も出てこず・・・今年は越冬できぬまま、崩壊となりました。
最後の外勤と思われる蜂も最終的には羽が飛び出た形で巣箱の外に落ちてきました。
春先から初夏に雄蜂は確認してできていましたが、分蜂がなかったので、前年のままの
女王で崩壊したか、途中で女王が入れ替わったかはわからないこと。
気温や天候などの自然条件が前年とまったく同じではないことなどがあるので、具体的な
差を比較しようがないと言うのはあります。

関東は3月に再び冷え込みがありましたが、そこがダメ押しになった可能性もありますが、
今年は気温上昇まで群を保つことができなかったことしか答えはありませんでした。

そして、前年の成果をやってみて、これで何とかなるのだろうと想定していたこともダメ
だったので、また振り出しですね。

2016年は上記の群以外にキンリョウヘンにより春の分蜂で、もう1群弱小でしたが
捕獲しており、同じ仕様の巣箱で秋までに3段目まで造巣し、採蜜せずに越冬を
試みましたが、こちらも同時に感染し、1月までには崩壊しました。


個人的には巣箱内の温度を蜜蜂が発する温度ではなく、大気温度を春から秋までの
温度以下に落とさずにしておけば、アカリンダニの活動は抑えられると思うのです。
3シーズンは感染していたとしても激減する現象は起こらないですし、春の温度まで
持ちこたえると、何とか群の回復が始まるので。

それをやるには人工的にヒーターなどを使うしかないのですが、では、そこまですることが
本当に良いことなのか、利に反しないことなのかですね・・・。

でも、もし今年、新たな分蜂が捕獲できて、秋から冬にアカリンダニ感染が確認された
としたら、自宅で管理している条件があるので、アカリンダニはどういう結果になるのか、
温度を落とさないと言う自然に反すると、春までの蜜蜂はどうなるのかを試してみたいと
思っています。


以下、3/20の参考の写真です。

2015年,2016年時の越冬の際の1枠の内寸240X240X150mm高さの重箱X4段までの
造巣された状態です。
秋までは巣が見えないくらい最下段まで蜂でいっぱいになり、健全でした。
ここまで群を増大させておけば、春になり気温が上がるまでには残れるだろうと
臨んだ2015年の越冬はギリギリで成功しました。

f0176521_19192732.jpg




中を覗いた様子です。
中央上部に新しい巣が見られます。
ここが2月末までに水場に来ていた頃に造巣していた部分だと思われます。

f0176521_19194812.jpg



別の角度から寄った画像。

f0176521_19201528.jpg



重箱を1枠切り離して、露出させてみました。

f0176521_19203644.jpg



さらに寄ってみた画像です。きれいですね。
しかし、産卵の形跡すらありません。

f0176521_19205342.jpg



他の巣板の状況です。
4段のうち上部から3段は貯蜜でいっぱいでした。
4段目上部付近まで貯蜜があったくらいです。

一方、花粉圏はほとんどゼロに等しいです。
これはどの巣板も同じでした。

しかし、天板部に例年どおり、花粉パテを載せてあったので、不足していれば
そこに来るはずですが、花粉パテも手付かずで残されていました。
(いつもは必ず、花粉パテが減ります)


f0176521_19212326.jpg



ご覧のとおりの1~2年ものの貯蜜が3段までいっぱいでした。
なので、蜜不足はありえないと言うことです。

上記の花粉がゼロと花粉パテが手付かず、貯蜜はある言う現象は
もう1群の弱小群も同じでした。

f0176521_19223543.jpg



そして、過去にアカリンダニ感染した巣箱で見つけることができなかった
女王を初めて見つけることができました。
当然、死んでいる状態でした。
腹を見るとまだ産卵できるだけの能力はあったかと思われますので、おそらく
働き蜂がいなくなったことによる凍死ではないかと思います。

さほど劣化していないので、日数的にはまだ死んでから日が経っていないのでは
ないでしょうか。

f0176521_19225454.jpg


f0176521_19232120.jpg


f0176521_19233714.jpg


長文失礼致しました。

   -------------------------------------

ぜうすさん、ありがとうございました。
戦いの現場からの生の情報は、同じ敵と戦っている者には胸に迫るものがあります。
アカリンダが如何に厄介なものか・・ 改めて認識しました。
素晴らしいものを頂きました。
実践の記録ですから、これに勝るものはないと私は思います。
じっくり、読まさせて頂きます。
既に、幾つかは参考にさせて頂いております。

                         いよかん


   ------------------------------------ー
          「ORFEUMさんから寄せられたメール」

いよかんさん

ぜうすさんの長年に亘る貴重な観察記録を何度も読ませて頂きました。様々な試行錯誤や投薬?に対する自問自答も他人事とは思えませんでした。
私方もメントールやチモール、蟻酸使用について散々悩みました。代わりに消毒用アルコールやオキシドールや乳酸菌を使ってもみました。
ヘギイタダニ用の薬剤「アピバール」も投薬してみました。(心配で薬剤残留検査に出しました)
投与条件のノウハウも有るのでしょうが、どれも効果は見られませんでした。
惨敗に惨敗を重ねて、それでも蟻酸使用には踏み切れず色々調べて、乳牛飼料に世界的に認可されていることを知りやっと使う決心をしました。
現在も飼育方法に関係していないかと巣箱改良したり、人工分蜂を小群でスタートしたり、健康群からの女王作出を試みています。交尾による雑種強勢にも僅かな希望を持って取り組んでいます。

ぜうすさんの2015〜2016年に掛けての観察記録は興味深く拝見しました。
少数ながら働き蜂が生存しているにも関わらず外勤が止まることや、蜜を残し花粉パテに手を付けないまま崩壊している点は同じ経験をしています。
育児すべき卵や蜂児を持たない群では殆ど外勤は停止します。たまに見る程度に巣門に出て来ても、飛ぶでもなく引っ込むでもなくウロウロするだけで、まるで生き甲斐を失った人間のようにみえます。

女王の死骸は、2016年に入居した女王なのでしょうか?
一概には言えませんが2016年当時に分蜂で出た旧女王だとすると、その時点で2年目、2017年には3年目に近い女王ということにならないでしょうか。
胴体の産毛が余り確認出来ないので、そんな感想を持ちました。そうだとすると寿命かなとも思いますし、(解像度の点で判別し難いですが)小羽が少し開いているようにも見えます。
もし女王がアカリンダニに感染していれば、産卵は極端に少なくなるか皆無になります。
そうなると新蜂が供給されず減少の一途ですね。
貯蜜が減らないのも花粉パテを食べないのも外勤無し育児無しで、更に蜂数が激減して行く状況ではエサが減る理由が無いのでしょうか。

機会ができたら試したいと書いて居られる人工ヒーターについては興味深いアイデアとして注目させて頂きたいと思います。結果を是非教えて頂きたいものです。一定以上の温度の中ではアカリンダニの繁殖率が低下するとの説も有ります。

越冬明けの急激な崩壊の原因について、今年私方はこんな考え方をしました。
▪️冬の入り口でのアカリンダニ駆除が不完全であった。
▪️保温のし過ぎや、最近の暖地での明確な産卵停止の無さが 感染し易い新蜂が生まれてしまい感染蜂を絶やせない。そして感染によって体温維持が出来ないはずの感染蜂を生き残らせてしまう。
▪️更に、充分な貯蜜、巣箱内温度が逆に災いして死なない程度に感染した蜂が巣箱内に充満してしまう。
▪️開花期になって巣箱外で見つかる徘徊蜂の何十倍もの感染蜂が巣箱内に蔓延し、本格的に産卵が始まるのに合わせて若蜂が次々と感染して回復不能な手遅れ状態を見ることになる(巣門からポトポト落ちる状態)

今年持ち堪えたら試してみたいことが有ります。
◉蟻酸の年間投与スケジュール実施と対処療法の両面対策
◉冬の入り口でのアカリンダニの根絶対策
◉越冬中のダメ押し駆除対策
◉原則として冬囲いは弱小群のみ。他はKウイング蜂の駆除が確認された群に、寒中のみ行う。

アカリンダニ蔓延以前はどうだったかと時々考えることが有ります。
決して万全では無く様々な問題も抱えてはいましたが、一応の結果を残していました。
それを考えると、今取り組むべきは一点のみ【アカリンダニ駆除!】に尽きる。そう考えています。
日本中の皆さんが戦っている大敵に私ごときに何が出来るものでは有りませんが、このままやられ続けるのは納得がいきません。
どんな難題にも針の穴ほどの活路はあると信じたい思いです。


iPhoneから送信
by henro1945 | 2017-03-25 19:29 | Comments(14)

味噌・・・  くそ・・・?

f0176521_18445446.jpg


f0176521_18451917.jpg


f0176521_18454375.jpg


f0176521_18461129.jpg


f0176521_18462897.jpg

花粉の給餌というのは初めてで、与え方がよく分かりません。説明書には、花粉と砂糖を水でよく練って味噌くらいの硬さにする・・ とあります。給餌用の糖液で練ってみたのですが、こんなでいいのでしょうか?

今までは給餌といえば糖液で、それも最近は滅多にしませんでした。今年は全く状況が違います、蜂が居なくなってしまいました。この群れは、アカリンダニが蔓延するなかで冬を越してくれた大事な大事な一群です。
数匹が刺しに来ました。それが嬉しくてたまらないんですね。蜂が刺すのは群れを守るためですから、群れが元気だという目安になります。

標高700mの久万高原町。四国巡礼の札所があって歩いて廻るお遍路さんを見掛けます。山は植林され、野は土手の隅々まで草が刈られていて整然としています。だけど、この時期の蜜源がありません・・ 菜の花がないのです。
by henro1945 | 2017-03-24 18:48 | Comments(6)