可愛い来訪者

f0176521_839480.jpg



アゲハチョウの幼虫でしょうか
f0176521_8392617.jpg



f0176521_8394798.jpg



f0176521_84092.jpg
3匹いますが、今年はこのまま見守ります。
餌となるビービーツリーの葉が足りるといいのですが。


f0176521_21125740.jpg

# by henro1945 | 2016-08-10 08:47 | Comments(10)

ベントの効果

f0176521_2342369.jpg


f0176521_23422817.jpg
湿気と熱気を逃がすために、最上段に12mmの穴を対角に2個開けてあります。
効果は、群れの勢いがいいことと蜜の糖度が79~80度と高いこと、それに採蜜量が多いという形で現れました。
スムシが心配だったのですが、大丈夫みたいです。


    --------------------------------


f0176521_23581223.jpg
どこからか逃げて来たと思われる群が入りました。
花粉の持ち帰りないということは、昨日入ったということになるのでしょうか。

f0176521_23583960.jpg
見つけて、その晩の内に家に連れて帰りました。
この辺りで、2つ盗られていますので。。

このように遅くに入った群れには給餌をする必要性を感じています。
今から造巣を始めて蜜を貯めて児を増やして、越冬の準備が間に合うかどうか・・・


    ---------------------------------


f0176521_2003449.jpg
タラの花に蜂がいっぱい寄っていました。


f0176521_2045226.jpg
こちらはカラスザンショウですが、蜂が居ません。
長い間 この木がカラスザンショウだと気が付かなかったのは そこなんです。
この花に、蜂が好んで寄っているようには見えません。


f0176521_20192721.jpg
蜜が出るのは これからなんでしょうか?


f0176521_10413455.jpg



f0176521_1161144.jpg
雨が降りませんね。
# by henro1945 | 2016-08-03 00:22 | Comments(6)

フウランと柿木

f0176521_18374367.jpg



f0176521_18125536.jpg



f0176521_18131224.jpg



f0176521_1814366.jpg



f0176521_18151910.jpg
フウラン(風蘭)は柿木によくつきます。
昔は神社の古木なんかにもついていたのですが、今では ほとんど見られなくなりした。

実は、フウランからキンリョウヘンの育てた方を学んでいます。
フウランもキンリョウヘンも同じ着生植物だと考えているのですが。

写真のフウランは雨だけで生きています。
同じように某所でソテツに自生しているキンリョウヘンも雨だけです。
雨が上がったら、乾燥状態が長く続きます。
実はこのとき、根の表面から空気中の水分を吸収しているのだそうです。
着生ランというのは、乾燥が何より大事なんだということをフウランから学びました。


f0176521_20442235.jpg


      完
# by henro1945 | 2016-07-07 18:16 | Comments(47)

夏の花

f0176521_14173291.jpg



f0176521_1475943.jpg



f0176521_13471396.jpg



f0176521_115367.jpg



f0176521_1415371.jpg



f0176521_23515978.jpg



f0176521_2245342.jpg



f0176521_22454756.jpg



f0176521_1343069.jpg
↑ ナゴラン

山のおじさんが写真を送ってくださいました。
# by henro1945 | 2016-07-05 11:48 | Comments(9)

逃げた。。

f0176521_1229236.jpg
丸胴から巣枠式に移し替えた群れが一晩で逃げて、近くの集合板に蜂球をつくりました。

f0176521_12313226.jpg
巣枠か重箱か迷ったのですが、巣枠にしました。

f0176521_12374752.jpg
蜂がすべて収まりました。女王蜂は無事だったようです。

     -----------------------------------

f0176521_13272636.jpg
↑ 2日目です。

     -----------------------------------

f0176521_9405431.jpg
↑ 3日目です。

     -----------------------------------

f0176521_13274481.jpg
↑ 4日目です。
もう逃げないと見てハチマイッターを外しました。
巣門の周りで蜂が騒いでいます。

     -----------------------------------

f0176521_0281816.jpg


f0176521_0283481.jpg
↑ 6日目です。
覗いて見ました。
蜂は巣枠の方にくっ付いています。

ほ~! 針金を足場として利用しているのかも・・・?

     -----------------------------------

f0176521_20275015.jpg
↑ 8日目、初めて蓋を開けてみました。
巣枠はそれぞれ独立しています。
枠に沿って巣が造られているようです。


f0176521_2028723.jpg
↑ 巣枠を2枚足しました。

     -----------------------------------

f0176521_14185558.jpg



f0176521_14191665.jpg



f0176521_141942100.jpg



f0176521_1421666.jpg
↑ 12日目、くっ付いている巣枠を切り離して、1枚おきに180度向きを変えました。
べニア巣箱の5枚用(巣枠が6枚入る)で冬越しをさせたいので、巣枠を6枚に抑えたいのですが。

(180度向きを変えたのは早すぎたようです。逃げ出しそうな気配を感じたので元に
                                  戻しました)

     -----------------------------------



7月になって2群の入居を確認しました。
孫分蜂をしたと思われる群れがあって、♂蜂が出入りしています。
まだ、入る可能性があると見ています。


     -----------------------------------


前日の移し替え作業です。
f0176521_0183665.jpg


f0176521_0192329.jpg


f0176521_0143148.jpg


f0176521_0295988.jpg


f0176521_0333895.jpg


f0176521_0151613.jpg



この間は、カメラのバッテリー切れです。



f0176521_0153567.jpg


f0176521_015559.jpg

ORFEUMさん ありがとうございました。
必要な 道具、手順、注意点等々を丁寧に教えて頂きました。

山のおじさん ありがとうございました。
素晴らしい吸引器を貸して下さって、使い方を教えて頂きました。

    -----------------------------------

f0176521_2162245.jpg
元巣の巣板は別の箱で残留蜂が守っています。
# by henro1945 | 2016-06-27 09:03 | Comments(39)