<< 野生は戦場 風で・・・ >>

一に採光 二に肥料

f0176521_1328523.jpg
「一に採光」

f0176521_1329551.jpg

f0176521_13311347.jpg
デボニアナム

f0176521_13312893.jpg
ミスマフェット

「一に採光 二に肥料 日照り以外は水やるな」 このような考え方で蜜蜂蘭を育てています。
「日照り以外は水やるな」 これは異論が出るところかも知れません。
要は根腐れさせないことです。これさえ出来ればいくら水をやってもかまわないと思います。

デボニアナムの垂れた花芽に親しみを覚えるのは何故でしょうか・・・・?
今年駄目だったミスマフェットですが・・・ よく花芽が付きました。

過去の入居実績は ボニアナム フォアゴットンフルーツ ミスマフェットを合わせて7%くらいで残りはキウンリョウヘンです。
保有している蜜蜂蘭の割合もそれくらいです。

これらの花は咲く時期が違うのと、同じ分蜂モードにあっても微妙に作用するところが異なることに、それなりの面白味はあると思います。
フォアゴットンフルーツの場合、分蜂モードの初期段階の蜂(偵察)は全く寄りませんが、
分蜂モードの後期それも最終段階の入居モードに入った蜂が強く反応します。
デボニアナムにも同じような傾向が見られます。
ミスマフェットは・・・ 分かりません。

同じキンリョウヘンでも赤花は早いですが白花は少し遅いですね。
ちなみに、赤花と白花で誘引力に違いはないように思います。

f0176521_10144445.jpg
枯れキン ・・・・!

(一部記事の修正と写真の追加をしました)
by henro1945 | 2012-12-11 14:40 | Comments(8)
Commented by はちみつやま@奈良 at 2012-12-11 23:13 x
いよかんさん、こんばんわ。
御無沙汰しております。
その後お元気でしょうか?
>一に採光 二に肥料

仰ると通りかと思います。特に夏場の採光が重要に思います。
強すぎず、弱すぎずが大切ですね。
特に弱すぎるのは良くないと思います。今年70%の遮光ネットでしたが、来年は50%かそれ以下でやろうかと思っています。
肥料も年間を通して種類を変えてやるのがいいかもしれないと思っています。3種類の肥料を6月、9月、10月、11月、12月ぐらいやればいいかと思っています。今年ホスポン-Fというのを使いましたが、なかなかいいように思います。

余談ですが、僕の所では圧倒的にデボが誘引します。
Commented by いよかん at 2012-12-12 21:44 x
はちみつやまさん こんばんは。

>仰ると通りかと思います。特に夏場の採光が重要に思います。
>強すぎず、弱すぎずが大切ですね。
>特に弱すぎるのは良くないと思います。今年70%の遮光ネットでしたが、来年は50%かそれ以下でやろうかと思っています。

そのとおりです。弱めで少し葉焼けするくらいがいいのかも知れません。50%の遮光ネットならキンもデボもいけると思います。

>肥料も年間を通して種類を変えてやるのがいいかもしれないと思っています。

私も同じ考えです。特にキンはこの時期も新芽を伸ばしに掛かっています。ということは、年間を通して日光と肥料を必要としているのではないでしょうか。バルブが太るのは成長期でしょうから・・・。

>今年ホスポン-Fというのを使いましたが、なかなかいいように思います。

そうですか、名前が分かりませんがシンビジューム栽培の業者が使っているいい肥料があるようですね。「いい」と聞いたら使わずにはいられない性分でして・・・^^;

>余談ですが、僕の所では圧倒的にデボが誘引します。

はちみつやまさんの使い方がうまいんでしょうね^^

Commented by はちみつやま@奈良 at 2012-12-12 21:50 x
いよかさん、こんばんわ。

>はちみつやまさんの使い方がうまいんでしょうね^^

今年かなり失敗しました。1つの場所でデボを何鉢も置くと蜜蜂が混乱して結果逃去というのを何度か経験しました。
来年こそはうまくやりたいものです。

所でいよかんさんはこの時期でもデボを外においてはるんですね。この状態で越冬するんですか?
Commented by いよかん at 2012-12-12 23:22 x
はちみつやまさん こんばんは。

>1つの場所でデボを何鉢も置くと蜜蜂が混乱して結果逃去というのを何度か経験しました。

みつばち蘭で蜂が混乱することは必ずあることですよね。
キンでもありますが、入居モードの蜂に作用するデボ系は特にその傾向が強いようです。

デポはカーポートの上で冬越しをさせます。
カーポートの上は地熱がないですから、いくらビニールで覆ってもその時の気温になりますかね。
氷点下にも耐えられることは分かっているのですが、何度までかは分かりません。
今季、答えが出ると思います。
同時に全滅しとったりして~^^;
Commented by はちみつやま@奈良 at 2012-12-13 20:52 x
いよかんさん、こんばんわ。

>氷点下にも耐えられることは分かっているので

知りませんでした。5℃以下は駄目と聞いていたので、驚きです。しかし全滅は避けていですね。

家のデボは室内に入れてありますが、夜間あまり室内の温度を上げてはいけないらしいのですが、寒いとヒーターを入れてしまいます。部屋は一つしかないしないのでどうしたものか悩んでます。
Commented by いよかん at 2012-12-13 23:47 x
はちみつやまさん こんばんは。

私も5℃くらいだろうと思っていました。
去年、屋外で冬越しをさせて温度は0℃でも大丈夫だということが分かりました。
でも、霜に当てたら駄目かも知れません。
こんな危ないことをしないで室内に入れておくのが正解だと思います。
一鉢だけビニールの外に置いてテストをしております。
もし、全滅したら・・・ ひとつ頂戴~~^^

仰る通りです。室内に入れたときに気を付けないといけないのが暖房だと思います。
本体は大丈夫でも 花芽がポロリ てなことにならないようにお気を付けくださ~い^^ 
Commented by ばち at 2014-04-10 07:48 x
 金稜辺が上手く育てられない為、参考書を探してたら、到着しました。
結構丈夫で枯れる素振りも無いから安心してたら・・
手痛いしっぺ返し!花芽が無い~~
今更ジタバタしても手遅れですーー
来年に備えて勉強しとこう。
花芽がポロリね^^鼻がポロリなら怖い。横レスゴメン
Commented by いよかん at 2014-04-13 12:43 x
ばちさん こんにちは。

返事が遅くなって済みません^^;
確かに、金稜辺は丈夫ですから、まず枯れることはありませんね。
ただ、花目が付きにくいので困ります。
ポイントは施肥かなと思って、色々やったみるのですが、なかなかうまく行きません。
まあまあだったのが骨粉入りの油粕でした。
この辺が無難なところなのかも知れません。

>花芽がポロリね^^鼻がポロリなら怖い。横レスゴメン

あはは~ 鼻がポロリは怖いです~ 
意味が分からない人が結構いるかも知れませんね^^
<< 野生は戦場 風で・・・ >>