<< 駆除依頼 蜜蝋の色 >>

巣蜜とスズメバチ

f0176521_22313542.jpg

暑さが和らいだので採蜜を再開しました。
どの巣箱にも小型のスズメバチが来ています。
キイロスズメバチではないような気がするのですが、よく分りません。

箱の左側に見えているのは、後付けの熱気湿気抜き換気口です。
上1段取ることを考えて2段目に設けておきました。
10月いっぱい開けておくつもりです。

これが割合良いようですね。
やっぱり、開けた穴から蜂を出入りさせないと駄目なのだと思います。
天板に開けた、複数の5㎜くらいの穴とか2ミリくらいのスリットは塞がっていました。

f0176521_20583370.jpg

この群れはもう1段取ることが可能ですが、私は1回に1段と決めています。
2段取ると大抵子が出て来るのと、女王蜂を死なせる確率がぐんと高くなります。
蜜と蜂のどちらが大事かといえば、答えは決まっていますね。
もう1段は1~2ヶ月置いてからです。

ミツバチはスズメバチをほとんど相手にしていません。
邪魔にならないので、私も無視しています。
でも、蜂を飼うなら、襲っている?スズメバチの名前くらいは知っていた方がいいのかも知れませんね^^
by henro1945 | 2015-09-10 20:41 | Comments(18)
Commented by 蜂麿 at 2015-09-10 22:48 x
採蜜を再開されたのですね~。何群ほど採蜜されるのですか?私は、今年、雨が多かったので、まだ、一群も採蜜をしていません。そろそろ準備をしないといけないですね~。
Commented by henro1945 at 2015-09-11 07:45
蜂麿さん
今日は4群採りました。
取りあえず必要な分だけにして、後は10月の後半から11月の前半に採る予定です。
採蜜の時期が遅いほど糖度が高い・・ と思っているのは私だけかも知れませんが~^^
さあ、何群採れますかね、去年は30群ほどでしたが今年は半分くらいかも知れません。

>私は、今年、雨が多かったので、まだ、一群も採蜜をしていません。そろそろ準備をしないといけないですね~。

必要が無かったら出来るだけ遅く採る方がいいと思います。
急いだら、発酵するだけです。
Commented by 蜂麿 at 2015-09-11 21:47 x
凄い数ですね~。今年は いよかんさんのアドバイスを信じて採蜜を少し遅らそうか!と思っています。毎年、アワダチ草の花粉が入るまでには・・・と思っていたのですが。いよかんさんの「いつのまにかアワダチ草の匂いが消えていた」のアドバイスも信じて(笑)。糖度が78度に満たない蜜は湯煎で53度~55度位まで加温して発酵を止めているのですが。いよかんさんの場合、どのようにされていらっしゃるのでしょうか?御伝授宜しくお願いいたします。
Commented by 信州のくまくま at 2015-09-12 01:08 x

長雨が終わり見回りに行ったら小さなまる胴の箱がきれいにいなくなっていました。
巣枠式から逃げ出した箱でした。、
質問です。
採蜜をしている箱は5段のようですが、あの箱は下に一段加えてから最上段を一段
切り取ったのでしようか。それとも一段切り取ったのち一段加えて5段にするのでしょうか。
私も採蜜したいのですが、昨年は4段の箱を一段切りとって越冬させたら7箱が逃亡、蜜切れ、寒さ負けなのか消去したので、今年は4段満杯のまま越冬させようと思いますが
、採蜜の基準はどのようにしていますか。
それと分蜂や孫分蜂した箱は巣作りその後の勢いがないように思われます。
とにかく蜜より越冬箱を残したいのですが。
Commented by henro1945 at 2015-09-12 14:00
蜂麿さん 
私は思い付きでものをいう癖がありますので、余り信じない方がいいかも知れません ^^
重箱式の場合でも取った箱に蓋掛けされていない貯蜜巣房が含まれていると、搾った蜜の糖度が低いと感じています。私が1回に1段しか取らないのと採蜜を遅くしている訳はその辺にもあります。重くてしっかり蜜が貯まってい巣箱の上1段を取れば蓋掛けされていている巣房が多いですから糖度が高い蜜が得られるかと思ってやっています。

私は加温はしますが、基本的に加熱はしないようにしています。加温と加熱の違いは酵母菌を生かしておくか死滅させるかの違いでしょうか。酵母菌が生きていられるのは50度くらいまで・・?で、蜜をこの温度にして一定時間置いておくと眠っている酵母菌が一斉に目を覚ますのか、泡を吹いて一時的に発酵が止まります。これで3~4ヶ月は発酵を抑えられますが酵母菌を完全に死滅させたわけではないので、又発酵が始まります。60度まで上げて死滅させてしまえば発酵しないのでしょうが、風味が損なわれるのが残念でして。

>糖度が78度に満たない蜜は湯煎で53度~55度位まで加温して発酵を止めているのですが。

!! 微妙な温度ですね。
貴重な情報を頂きました、試してみます。

後、最近はしてないのですが、パットに入れた蜜を無菌温風に当てながら根気よくかき混ぜるていると糖度は上がります。
無菌温風・・・ ファンヒーター・・・ ^^
Commented by henro1945 at 2015-09-12 14:01
新クマさん
1群いなくなりましたか、残念ですね。

>採蜜をしている箱は5段のようですが、あの箱は下に一段加えてから最上段を一段
切り取ったのでしようか。<

この箱は6月に1段足して5段にしてありました。4群採蜜したうち、もう1群もこれと同じでした。後の2群は4段のままでしたので、一段足してから取りました。この日はたまたま愛妻?が同行していましたので取る前に1段入れられましたが、1人の時は先に取って軽くしてからでないと継ぎ足せません。私はすべて4段で冬越しをさせるようにしています。

>今年は4段満杯のまま越冬させようと思いますが、採蜜の基準はどのようにしていますか。

基準は重すぎず軽すぎずでしょうか~  あはは
済みません^^;
そうなんですね、私も秋口になるとこれで迷います。
4段だったのを1段取って1段足した2群が、正にそれに当たると思います、
どちらも巣板が底板すてすれまで来ていましたから、これから巣板が伸びて3段半以上になってくれればもう1段取れると思います。巣板を上から2段半~3段くらいにして4段で冬越しさせるのがいいように思います。後は蜜の量の判断ですが、あんまり多く残すとそれが冷えて巣箱が冷蔵庫状態になってしまいますし、少なすぎてもいけませんから重すぎず軽すぎずといったところでしょうか。

>それと分蜂や孫分蜂した箱は巣作りその後の勢いがないように思われます。

そうなんです、分蜂した群れはそういう傾向があって消滅して行く群れが多いですね。
色々と対策をやってみましたが、これといった策は見い出せておりません。
新クマさんの所は冬が厳しいですからね。
でも大丈夫、行けると思っています^^
Commented by 信クマ at 2015-09-13 00:31 x
いつも丁寧なるご返事恐縮。
天井空気穴方式で一考。
清和高原柴式巣枠式では、天井板は3枚の板を載せているだけなので
空気はスカスカです。それでも信州の冬を乗り切りました。
この例では夏も冬もある程度の空気循環があったほうが良いのでは
と思われます。
今年の夏は重箱の下にうじゃうじゃ出ていたので継箱をしましたが
箱を継ぎ足しても外に出ている蜂は多く、継箱はあまり関係なかったようでした。
いかにも強群で箱から溢れているようでしたが、
その割には巣箱の中の板は大きくなっていませんでした。
内部が蒸れて外に出て身を守ることに専念して造営や花粉運び
をしないのかもしれません。
来年は空気穴について何箱か実験する予定です。

昨年からの生き残り4段箱を一段切り取るか、
悩みますが。。
切り取り後に2段半を基準にしてみます。
その後空間を狭くして3段で越冬を試みたいと思います。
信州は寒いので、今年は内部空間を狭くしてみます。

それにしても「しっかり越冬させないことには、、、、」
ああ、春がまちどうしい。
今まで5箱以上の越冬はありませんでしたので、
新記録6箱以上を狙います。
再度質問
採蜜した群に対して、越冬用砂糖水は必要でしょうか。
どのくらいの量をいつごろするのでしょうか。
今までやったことがないので、そのことも
消滅原因かと思いますので教えてください。
もっともビワの花咲く伊予と4月まで雪で覆われる松本では
条件が違うと思いますが。
Commented by henro1945 at 2015-09-13 20:50
新クマさん
今日は1日、蜜蝋を型に入れて遊んでいました。

>清和高原柴式巣枠式では、天井板は3枚の板を載せているだけなので
>空気はスカスカです。それでも信州の冬を乗り切りました。

上から空気が抜ける構造になっているのですね、理想的な巣箱だと思います。
重箱式でも、中天板方式がいいことは分っているのですが、作るのに手間がかかるのでためらっています。
師と仰ぐ人から構造は聞いているのですが、50個作るとなると億劫で・・・
でも、今年は頑張りたいと思っています。

>その後空間を狭くして3段で越冬を試みたいと思います。
>信州は寒いので、今年は内部空間を狭くしてみます。

そう、信州は寒いので、冬は女子高校がはみんなスラックスでした。
ぴちぴちのラッパズボンにズキ~ンと来たものです~♂ ^^

>採蜜した群に対して、越冬用砂糖水は必要でしょうか。
>どのくらいの量をいつごろするのでしょうか。

私は、よく分りませ~ん。
やるとしたら、砂糖1~2キロを寒くならない内にというところではないでしょうか?
そうなんですね、こちらは枇杷があって、冬に蜜を貯める群れがあります。
毎年、2~3月に何群か採蜜しています。

4月まで雪で覆われる・・・・ うわ~ きびしい~~ ^^
Commented by ORFEUM at 2015-09-15 14:55 x
いよかんさん、こんにちは
蜂児捨て再生群にまた蜂児捨てがちらちらと散見されます。
春に分蜂群を取り込んだ時のようなスピードで6枚目に至ったまでは良かったのですが
根絶はできていません。
今、過酸化水素水(オキシドール)を試しています。オキシドールは擦り傷などに使った
懐かしい消毒液です。かなり強力な消毒液ですがハチミツには元々微量の過酸化水素が
含まれていて、それがハチミツの殺菌効果の一つらしいです。
しかも蜜蜂は過酸化水素を無毒化するカタラーゼという酵素を体内に持っていると
調べたらあちこちに書いてありました。
確かに、以前メントールを入れた時は蜂が外に出てしまったり、外勤から戻った蜂が
入るのを嫌がったり、巣板を離れて隅に固まってしまったりしましたがオキシドールには
何の違和感も示しません。
こうなたら藁にも縋るつもりで思い付いたことは何でもしてみます。
因みにアカリンダニにはメントールで決まりとの説がありますが、様々な方法で
試しましたが、私の場合は何の効果もありませんでした。この失敗話はながくなるので
また何時か報告します。
Commented by henro1945 at 2015-09-15 20:06
ORFEUMさん こんばんは。

>根絶はできていません。

そうですか、難しいものですね。
オキシドールは擦過傷の定番でした。
>懐かしい消毒液・・・ 今は使われていないのでしょうか!
最近、時代の流れに付いて行けない自分を感じています^^;

>かなり強力な消毒液ですがハチミツには元々微量の過酸化水素が含まれていて、それがハチミツの殺菌効果の一つらしいです。<

知りませんでした、はちみつが腐らないのは浸透圧だけだと思っていました。
アカリンダニと児捨てでは、皆さん苦労をされているようですね。
失敗で、見えて来るものがあると思います。
色々やってみてください。

また、情報をお願いします。
Commented by 蜂の召使い at 2015-09-16 00:25 x
巣箱の過湿熱気の排出は、蜂群の耐病性向上と健康な生育と採蜜糖度に大きな役割を果たします。
ミツバチ飼育をはじめて過去10年一貫して、このタイプの巣箱を使ってきたので、採蜜糖度が低く発酵することはありませんでした。
しかし、この方法をやり過ぎると天板を全面金網式にすることもあるようですが、何事につけ「過ぎたるは及ばざるが如し」で、重箱巣箱の強制排気の煙突効果によって産卵育児圏に必要な34・35℃の育児温度喪失を招くことになりかねません。

育児温度喪失は、疾病原因を除いた蜂児出しの要因になると考えています。
またそれら複合原因として、何らかの疾病によって働き蜂の絶対数減少は育児温度喪失に直結すると考えられます。その状況のなかに疾病菌・ウイルス同定なしに、無暗な薬剤投入は蜂群消滅を促進する効果を果たすだけだと思います。

アカリンダニ予防・治療に、ミツバチ忌避効果のあるメントール療法が有意でないことが次第に明らかになってきたように思います。
アカリンダニ駆除・バロアダニ駆除には、ギ酸希釈溶液が効果的だが、この一般使用は人体危険が伴います。ペースト状「ギ酸パテ」が俵養蜂場から市販されたので、これを使うことが安全性からも良いと思います。
Commented by 蜂麿 at 2015-09-16 16:14 x
いよかんさん。このページを少お借りする事をお許し下さい。
「蜂の召使い」様へ。いよかんさんは、重箱最上部に18ミリの穴を1ケ開けておられます。私は巣枠式では真夏のみ、少し喚起口を開けておりますが、重箱式で穴を開けるとしたら、どれくらいの大きさの穴を、何個くらい開ければよいのでしょうか?(もし10ミリの穴をあけるなら何個?とか)。私も育児圏の保温は大切だと思っております。また、その穴は解放のままで、鉢の出入りが有る方が良いのでしょうか? 宜しくご指南お願いいたします。
Commented by henro1945 at 2015-09-17 11:15
蜂の召使いさん
お手やらかにお願いします。
自然巣の保護駆除をしてこられた経験から、行きついた巣箱だとお聞きしました。
自然巣は、家等の屋根裏や床下だったり木の洞だったり石垣や墓のなかだった解放状態だったりするでしょうが、密閉状態で蜂の生活圏に空気が滞留することはないように思います。
そう考えると、今の私の巣箱は不自然なものとなります。

>巣箱の過湿熱気の排出は、蜂群の耐病性向上と健康な生育と採蜜糖度に大きな
>役割を果たします。

まったく、異論はありません。
耐病性向上は耐ダニ性につながる可能性があります。
蜜を濃縮するために水分を飛ばして、高温多湿となった環境が蜂の健康にいい筈がないとも思っています。
過湿状態では蜜の濃縮も容易ではなく、糖度も低くなるのでしょう。
野生であることを重視して、巣箱を自然に近い営巣環境に近づけることが大切だと考えています。
私の場合は「節穴方式」になる可能性がありますが。

蜂麿さん どうぞどうぞ~^^
Commented by henro1945 at 2015-09-17 16:19
蜂麿さん
この日に採蜜したなかで、上段の一ケ所に18㎜の穴を開けた1群の糖度は79.2度で、他のはどれも78度の手前でした。
写真ですが、2段目に穴を開けておいて、その上の段を取ったのも同じでしたから、糖度を上げるためには上の方に排気口を設ける必要があることが分りました。
最上段のどてっぱらに風穴を開けたのが後2個ありますので、それを採蜜したら結果のようなものが見えて来るかも知れません。
蜂の召使いさんの箱は「中天板方式」でして、構造が違うと思います。
私のは「節穴方式」、のぞき趣味にはぴったり~^^
Commented by 蜂麿 at 2015-09-17 22:15 x
79.2度は良いですね~。加熱しなくても良い天然蜂蜜なので高く売れます~(笑)。確かに夏場、換気口を少し開けていた巣枠式箱の方は、大体79度以上の糖度がありました。薄かったのは重箱式の方でした。『節穴方式』来年採用させていただきます。今回も信用いたします~。実は、すでに10ミリと12ミリの木工ドリル、買ってしまっています~(笑)
Commented by henro1945 at 2015-09-18 10:34
蜂麿さん

>加熱しなくても良い天然蜂蜜なので高く売れます~(笑)。

その辺がよく分かりません。
非加熱蜜と加熱蜜では風味が違うのだから値段が違ってもいい筈だ、と漠然と考えていました。でも現状は、区別されずに「日本蜜みつばちの蜜」と表示されて売られていることが多いように見受けます。私は 「非加熱で酵母菌が生きていますので、まれに発酵することがあります」 と表示して販売しています。
その辺のノーハウを、また教えてください。

>今回も信用いたします~。

やめた方がいいですよ・・ 書くことがころころ変わる人間ですから^^

>実は、すでに10ミリと12ミリの木工ドリル、買ってしまっています~(笑)

あはは~ 同類だ~~^^
Commented by 蜂の召使い at 2015-09-19 17:22 x
蜂麿さん、ご質問戴きながら遅れまして恐縮です。
巣枠式は、巣箱前後にスライドドア換気口の付いたラ式巣箱でしょうか?。

重箱式と言っても、内径寸法と内容量や営巣規模その構造に様々な違いがあるので、とても一口に申せませんが、平板に言えば約18mm~25㎜範囲位でしょうか。要は、それぞれ個々に使用している重箱式巣箱(ハードウェア)と飼い方(ソフトウェア)の整合性とその度合いに応じて、年間及び数年掛けて検証しながら実感とし把握することが必要かつ現実的対処だと思います。理想的には、空気が巣箱内を柔らかく優しく育児温度に影響を及ぼさず、巣門からの新鮮空気へゆっくり入替上昇移動ののちベンチレーションすることが必要だと思っています。
巣箱上部にガード付ベント装置して、スズメバチやメンガタスズメ侵入を防ぐ方法が良いと思います。また分蜂期の待桶として使った時には、この丸穴ベントが「寄せ穴」効果にもなるようです。

過日、知人の依頼で伝統養蜂巣箱「角洞式」の全摘採蜜or育児圏と蜂群移し替えをおこないました。このとき、正面ドア上部に8㎜穴3個、「寄り穴18㎜」と18mm穴隙間調整スライド木片が取り付けてありました。さらに正面ドア最上部に切込み巣門型ベントもされていました。この角洞巣箱と蜂場、飼い方などすべて含めて故先達師匠の遺産相続だそうです。故先達の経験則に拠って、よく考えられた作りだと感心しました。夏の巣落ちが多いことを除き、分蜂入居率ほぼ100%だそうで伝統養蜂恐るべし、まだまだ伝統養蜂方式に学ぶことがありそうです。
Commented by 蜂麿 at 2015-09-19 22:03 x
「蜂の召使い」様、御指南ありがとうございました。はい、巣枠式は熊谷養蜂KKで4年前に購入しました、「日本蜜蜂用ラ式巣枠箱」です。でも、2015年のカタログには掲載されていません。廃盤になってしまったのでしょうか? 
「蜂の召使い」さんの 「空気が巣箱内を柔らかく優しく育児温度に影響をおよばさず、巣門からの新鮮空気へゆっくり入替上昇移動ののちベンチレーションする・・・」この表現が凄く参考になりました。穴は金網ガード式換気口を採用したいと思います。
ありがとうございました。また、御指南くださいますよう、宜しくおねがいいたします。  
いよかんさん、ありがとうございました
<< 駆除依頼 蜜蝋の色 >>