<< 一に採光 二に用土 三 四は肥... オオスズメバチが来ていました。 >>

キンリョウヘンはバークがベスト・・・

記事を追加しました。
f0176521_11224592.jpg


f0176521_11225714.jpg


f0176521_13560948.jpg


f0176521_11232420.jpg


f0176521_11234358.jpg


f0176521_11235687.jpg

私が今までやって来たなかでは・・ の話です。
今年の植え替えでバークだけにしたキンリョウヘンの成長が際立っています。
木の成長がよくても、花芽の付きがいいとは限りませんね。
これで花芽が付いたら、バークに切り替えようと思います。
ただ、バークの単一使用はコスト的に高くなりますので、その辺が悩みですが。。


アゲハチョウ
f0176521_11241509.jpg


f0176521_14202282.jpg

鉢植えのままで放ってあるビービーツリーで何頭かのアゲハ蝶が育ちました。
蝶は 1頭2頭 と数えるのですね。
頭・・ 馬や牛なら分かるんだけど。。
アゲハ蝶の幼虫は柑橘系の木の葉しか食べないそうです。
可愛い~ ^^


スーパーキンリョウヘン
f0176521_20394510.jpg


f0176521_20403192.jpg


f0176521_20400792.jpg

私が「スーパーキンリョウヘン」なるを耳にしたのは2~3年前のことです。
以前から、大きな花房に密に花を付ける株の存在には気づいていました。
スーパーキンリョウヘンという銘がある訳ではなくて、一つの花房に沢山の花を付ける種類を総称してそう呼んでいるようです。

最強のみつばち蘭・・ といって間違いないと思います。
今では入手が困難だと聞きました。
私が過去に発送したなかに、これが混ざっている可能性があります。
木が大きいのと独特の斑で判別できると思います。
私の所から行った金稜辺のなかに、これがあったら ラッキーと思ってください。

根の張りも違います。
で、鉢増しをして多くを6号鉢にしました。
もう一つの違いは株が増えにくいことです。
金稜辺は、私の所では一年で1.3~1.5倍になるのですが、これはそうは行きません。
バークにしたことと鉢増しをしたことで増えてくれるといいのですが。


威嚇
f0176521_11174832.jpg


f0176521_11180132.jpg

2~3日前から巣門の周りに蜂が出て落ち着きなく動きまわっています。
何があったんだろうと気になっていました。
原因が分かりしました。
オオスズメバチの偵察が来ていたのですね。
自分たちの群れが強勢群あることをオオスズメの偵察蜂に示しているのではないかと推測しているのですが。


フジバカマ
f0176521_11415445.jpg


f0176521_11420659.jpg

咲き出しました。
今年もアサギマダラが来てくれるかな・・・


by henro1945 | 2017-09-13 11:56 | Comments(12)
Commented by ヤマト at 2017-09-13 23:40 x
わ~~~凄い金陵辺。 
今年の夏を何とか乗り越えてくれました、植え替えの時期でしょうか??ソロソロですね。 バークがいいですか?? 鹿沼と欄用の土を使ってます。
沢山花が付きましたから来年も咲かせたいです。  ☆
Commented by ぜうす at 2017-09-14 04:32 x
いよかん様

偶然ですね。
私も今春の植え替えでバークだけにしてみたものが何鉢かありますが、立ち上がりの新芽の出方から良くて、秋を迎えて過去にはないくらい良いコンディションです。
日本蘭用の土だけで植え替えたものも何鉢かありますが、今のところの葉芽の見た目だけで言えば、バークに軍配がありそうです。
目詰まりしない水切れの良さや触っただけでもわかる根への優しさや適度な保湿がいい感じなのでしょうか。軽さもいいですね。
あとは花芽がどうなるか、まったく同感です。
Commented by 幸蜂 at 2017-09-14 21:37 x
時々分蜂かと思われる時騒ぎが起こりまして
見ているだけで至福の境地。
きっと新しい子供がたくさん生まれたのでしょう。
魔の10月に突入しますが、安心しているとショックが大きいので
巣箱の前では、あまり喜ばなく、冷静を演じています。

巣枠式の蜜を二枠いただきましたが、隣接する巣枠が
「隣のスペースが空いたラッキー」とばかりに横に盛り上げたり
給餌器にくっついて離れなくなったり
もう大変。結局大きな重箱じょうたいになりそう。

ころでキンリョウヘンは毎年植え替えるのですか?
キンリョウヘンも努力の結果は惨めな例年の出来事ですので
「ヤオフク」やら「いよかんキンリョウヘン」のお世話
になることでしょうから、「植え替え」記事は冷静に眺めます。
が、面倒だけれど、春に植え替えをします。 
来年は自然群取り込みに燃えるぞ。。。
Commented by henro1945 at 2017-09-14 22:38
ヤマトさん
去年は大分枯らしたのですが、今年は何とか無事に夏を越してくれました。無精者で、植え替えは年がら年中 気が向いた時にやっております。早めにバークに替えておいた方が、来年の生育にいいかなと思っているのですが。バーク、いいと思いますよ。。
来年も咲かせて・・ いっぱい捕獲したいです~ ^^
Commented by henro1945 at 2017-09-14 23:15
ぜうすさん
偶然ですね。。
この春にバークだけで植えた株は遠くから見ても分かります。葉の色と勢いが違うのですね。私も今までは軽石と鹿沼土がメインでバークは少量を混ぜているだけでした。これが、育ちにばらつきが出て、良くない鉢は年ごとに細って行きました。今はそういうのからバークに替えていっている所です。

はい、あとは花芽がどうかですよね。
楽しみです~ ^^
Commented by henro1945 at 2017-09-14 23:55
幸蜂さん
強群の時騒って、いいものですよね。私は金稜辺に囲まれながら蜂を眺めている時に一番幸福感を感じます。必要以上に金稜辺を育てているのも、そんな所から来ているのかも知れませんね。

>もう大変。結局大きな重箱じょうたいになりそう。

群れの生存が第一ですから、それで いいのではないでしょうか。後はアカリンダニですが、幸蜂さんの所のように蔓延地域で生きている蜂には耐性が出来つつあると考えています。徘徊蜂が出だしたら全摘しましょうよ。。キンは2~3年で植え替えています。来年も任せてくださ~い ^^
Commented by 蜂麿 at 2017-09-16 22:08 x
いよかんさん みなさん こんばんは

金稜辺、とても良い出来ですね~。
私も7年間「スゴイネ」一筋で育てて来ましたが…。
確かに「スゴイネ」と言うだけあって、「根」は「すごい」のですがね~(笑)
株の方がいまいちで…。それに夏場の毎日の灌水に参っています。

Besgrow社のバークを検索しました。大きさが色々あるのですね。
私も試してみたいのですが…。
この「Orchiata]の灌水頻度は、どれぐらいなのでしょうか?
灌水後の重量がどれぐらいまで、軽くなったときに灌水をするのでしょうか?
肥料は液肥ですか?
宜しく御指南をお願いいたします。
Commented by henro1945 at 2017-09-17 21:37
蜂麿さん
よく降りました。。そちらは大丈夫でしょうか。

>私も7年間「スゴイネ」一筋で育てて来ましたが…。

7年間・・ すごいね~^^ 冗談ではなく、これだという用土に行きついて、それを使い続けるというのは凄いことです。根がよければ木がいい・・ 金稜辺は根が命といってもいいのではないでしょうか。私は9年間、軽石と鹿沼土とバークを混ぜたのがベストだと信じて疑わずに来ました。ドツボにハマっていたといえるのかも知れません。まだ、はっきりとは言い切れませんが。

大きさが色々ありますね。これは小さい方から3番目くらいで、袋の右下の「#9」が大きさの表示だと思います。所沢植木鉢センターで購入しました。潅水は100% 勘です。普段は週に一回液肥をやるくらいで、後は雨水に頼っています。去年の失敗から、猛暑日が続く夏場は毎日潅水しました。後5月に 隣のおじさんがくれた化成肥料を3~4粒置きました。これがどういうものなのか、よく分かりませ~ん
Commented by 山のおじさん at 2017-09-17 23:55 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
こちらの方は今、雨もやんでいます。
20時頃が風のピークだったように思います。
風よりも雨が多かったですね。
いよかんさんの方は大丈夫でしたか?

金稜辺、きれいに育っていますね。
我が家は今年、一切遮光をせずに外に出して夏を過ごしました。
これが吉と出るか凶と出るか・・・。
もうしばらくしたら結果が分かりますね。
3鉢ほど新芽がズボ抜けしてしまいましたが、後は日焼けして葉が少し茶色くなっているのもあります。
数少ないデボニアナムだけスゴイネで植え、金稜辺はオーソドックスな軽石、鹿沼、バークの混合です。
真夏の灌水も仕事から帰ってやろうと思いつつ飛び飛びになってしまいました。
何か凶と出てしまいそうですね。
花芽があがらないことには何もなりませんので、もうしばらく静観しておきます。
Commented by henro1945 at 2017-09-20 06:15
山のおじさん
雨が多かったですね。風は大したことが無かったように思うのですが、昨日 蜂場の様子を見に行こうとしたら、倒木が道路を塞いでいて通れませんでした。

>我が家は今年、一切遮光をせずに外に出して夏を過ごしました。

金稜辺は日光を好みますから、いいのではないでしょうか。色々やってみることで見えてくる物もあると思います。私の所は遮光率が高すぎることは分かっています。以前から 遮光率が20%前後の白の寒冷紗に替えたいと思っているのですが、これが思い付きが悪くていけません。

今月になって1群入りました。これから巣を造る群れは新しい巣板での育児になりますのでアカリンダニ強く冬を越す確率が高いと見ています。本当はどの群れも育児圏を更新させたらいいのでしょうが、元気な群を7~10割カットするというのは難しいものですね。Kウイングといった症状がでたら実行したいと考えている所です。
Commented by ORFEUM at 2017-09-23 14:03 x
いよかんさん、みなさん
蜂の様子は如何ですか? 私の所は神社の森に置いた箱に1群入居していました。多分8月初め頃に入っていたものと思われますが、諦めて見回っていなかったので見た時は悲惨な情況でした。台風で上蓋が飛び、剥き出しになった重箱にオオスズメバチが群がり、巣底には夥しい死骸が堆積して、蜜は一滴も無いほど略奪されていました。
張り替え目的で巣落ち防止棒も入れて無い箱ですから、半分以上諦めながら巣枠に張り替えたのですが女王を確認した時は歓喜しました。産卵も再開しています。あと少し遅かったら全滅か逃去していたと思います。貴重な新しい血です。

13枚まで増勢して突然無王になった群は、3匹の女王が誕生し其々を離れた場所に置いたのですが、結局1匹だけが交尾成功したようです。
これも善しとしなければなりません。

アサギマダラの季節ですね。大群で来てくれると良いですね。
Commented by henro1945 at 2017-09-24 11:01
ORFEUMさん
入っていましたか! よかったですね~^^ 
しかし、危ない所でしたね。。1~2日遅かったら駄目だったと思います。恐ろしいオオスズメバチに襲われて絶体絶命の状態にある群れを救ってやると、その後からは蜂達が親しげにすり寄って来るように感じています。蜂はよく見ていて、その情報が群れ全体で共有されるメカニズムがあるのではないかと思っています。蜂球・・ の必要性はその辺にあるのではないでしょうか。この群れも、ORFEUMさんに恩を感じて頑張ってくれるでしょう^^

前期の決算が出たというところでしょうが、問題は後期です。
こちらの方がはるかに厳しいですが、頑張るしかないですね。
<< 一に採光 二に用土 三 四は肥... オオスズメバチが来ていました。 >>