<< 一つの蜂場の4群。 小さな群。 >>

大山祇神社の楠。

明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

f0176521_23070830.jpg


f0176521_23074204.jpg


f0176521_23072479.jpg


しまなみ海道の大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に詣でて来ました。
樹齢二千数百年という楠が迎えてくれました。
巨樹、巨木・・ なんとも言えない魅力があります。

この神社の宝物館等に収蔵されている武具や甲鎧は全国の8割を占めると言われているそうです。

by henro1945 | 2018-01-02 22:54 | Comments(20)
Commented by 山のおじさん at 2018-01-03 12:45 x
いよかんさん、みなさん、あけましておめでとうございます。
本年も『いよかん研究所』でお世話になります。
よろしくお願いいたします。

いよかんさん、初詣に行かれたのですね。
私もオートバイ仲間と恒例の初詣ツーリングにマイナス1℃の気温の中、行ってきました。
年末に風邪を引いてくたばっていたのに、こんな馬鹿なことを毎年やっています。
全員60歳を過ぎたおじさん(おじいさん???)ばかりですが、また来年も来られたらいいのにね、と別れました。
分蜂まで90日あまり、皆さん、頑張りましょうね。
Commented by ORFEUM at 2018-01-03 14:31 x
いよかんさん
新年おめでとうごさいます。
また一年、宜しくお願い致します。

迫力の古木ですね。私の近くにも1時間ほど走ると千年を超えると言われる大杉があります。辺りの空気が違います。無言の説得力を感じます。
自分も歳をとって、あんな空気を醸す老人になると良いのですが、煩悩まみれです。

蜂は今のところ越冬入りのまま4群とも花粉を運んでいます。
Commented by henro1945 at 2018-01-03 23:43
山のおじさん
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この何年かは寝正月を決め込んでいたのですが、今年は思うところがあって初詣に行ってきました。
寒風を切ってお仲間とのツーリング・・ 爽快でしょうね。
仲間があるというのが、素晴らしいことだと思います。

60、70、男盛り・・・  あはは
Commented by henro1945 at 2018-01-04 00:16
ORFEUMさん
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

日本各地に巨木、老木はありますが、楠では最上位にくるのではないでしょうか。
この神社の鎧兜は有名ですが、私はこの木に会いたくて行った次第です。
前に立ちて 何を語るでもなし・・・

ここに来て、もって全摘をしておけばよかったと思っているところです。
Commented by ヤマト at 2018-01-04 21:05 x
いよかんさん明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 楠のパワーをいただいてよい春にいたしましょうね。 12☆
Commented by 幸蜂 at 2018-01-05 13:38 x
いよかん様 皆様 あけましておめでとうございます。
今年もよりよい情報をお願いします。

黒にんにく 私も5年ほど前から自家製を愛用しています。
今年はハチミツに黒ニンニクとショウガとアロエの不夜城
を切り込んだ「くまさんスペシャルハチミツ」を作って
飲んでいます。肺炎のお方が効果絶大とおっしゃっております。
ベースとなるハチミツは、ご先祖からの墓の中にしばらくいましたのち
アライ熊に追われ、鎮守の森に設置されたる我がマンションに飛び込んだ、ありがたい
ありがたい神や仏の霊験あらたかなるハチミツなのです。
おかげさまで,風邪もごく軽微で済みました。

ところで全摘出のお話ですが、私は昨年胆嚢を全摘出しました。
愛犬小町は脾臓を全摘出しました。
その後いたって快調です。
我が家の日本ミツバチもこれからは全摘出の時代ですかねー

本年度の誓い

日本ミツバチのことを神仏に心からお願いする。
全摘出を試みる。
糖尿病に立ち向かい運動をする。



Commented by ぜうす at 2018-01-05 14:22 x
いよかん様
皆様

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

私達の30倍以上の年数を生き抜いてきた楠の大樹の力強さからエネルギーがいただけそうですね。
イチョウや桜もそうですが、これほどの大樹になったときの剪定や管理は大変なものでしょう。

もっと全摘しておけば良かったとのことですが、アカリンダニの影響が出ていらっしゃいますか?

こちらは今のところ、2群ともに巣板も見えないくらい、しっかりと群を維持できているようで、上部からの内検でも引き続き、適度な温湿度を感じることができています。

2群の設置場所が違いますが、入居時の弱小と通常スタート以外は去年から現在までの管理方法は同じなので、毎年、この時期にはアカリンダニに敗北の兆候と気配が出ていただけに、これで何かを投与せずとも巣箱の管理だけで突破できるようになるのか、早く今年の年末に向けての再現性を期待してしまっています。

時間があればやってみたいのは、7枚の日本蜜蜂用巣枠式(柴さん作)なんですが、これを2段目を縦積みにするのではなく、少々、改造して横胴のように巣箱と枠を横に並べて追加して行き、巣枠14枚から15枚で管理すると言う方法です。

去年、現在の重箱を管理していたときに従来の換気以外に巣箱と蜜蜂の体積と密度の関係に着目と重要視して模索していたときに、その応用と具体化として、もし、また巣枠ができる機会があったらと思っていました。

がしかし、取り込みと初期立ち上げまでは大丈夫でも最盛期に突入してからの内検や無駄巣の除去などに手が回らなくなってしまった現在なので、今年も机上の空論になりそうですが。

梅のつぼみも成長しつつあります。これが膨らみきって開花し、蜜蜂達の乱舞が見られるまで、そう遠くはないですね。
Commented by 蜂麿 at 2018-01-05 20:40 x
 いよかんさん みなさん
明けましておめでとうございます。 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年早々? ではなく、分蜂まであと3ヶ月と少しなのですね。
皆さんのコメントを読ませて頂いていますと、『わちきも頑張らねば~」
と、思ってきました。
早速、古い巣箱の点検をしなければいけませんね。

いよかんさん 
ミスマ、デボの処分の際には是非とも、幾鉢か「払い下げ」をお願い致します。
昨年より何度か「デボ」のオークションに挑戦しているのですが、
未だ落札できていません。ミスマの花も可愛くて好きなのです。
宜しくお願い致します





Commented by henro1945 at 2018-01-05 22:17
ヤマトさん
おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
は~い、偵察蜂が飛び交ういい春になって欲しいです。
一気に回復というのを望むのは無理かも知れません。
上向いて、回復基調になってくれたら十分だと思っているのですが。
ブログ拝見しています・・ 順調なように見えます。
Commented by henro1945 at 2018-01-05 22:39
幸蜂さん
おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
黒ニンニク、大先輩ですね。
「くまさんスペシャルハチミツ」・・ これ以上はないと言っていいくらい素晴らしいものだと思います。

>ところで全摘出のお話ですが、私は昨年胆嚢を全摘出しました。
>愛犬小町は脾臓を全摘出しました。

ははは~ あっ いや、笑っちゃいけませんね。いたって快調ということで何よりです。
全摘の時代が来ることになったら嬉しいのですが。
Commented by henro1945 at 2018-01-05 23:40
ぜうすさん
おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
弥生時代から生きて来た楠・・ 只ならぬ霊気が漂っていました。
>もっと全摘しておけば良かったとのことですが、アカリンダニの影響が出ていらっしゃいますか?<
はい、既に2群が消滅しました。後は軽症から重症まで、確認しているだけで3群あります。実際にはもっと増えていると思います。
巣枠を横長にするというのはカ式に近いですかね。実は私も同じようなことを考えていて、巣枠式で冬を越させて、分蜂前に巣枠を重箱に移すという方法です。春から秋までは重箱式で飼い、秋に全摘をして横長の巣枠式に放り込んで冬を越させる・・ これの繰り返しはどうか?なんですね。
蜜蜂達の乱舞が見られるまで頑張ります。
Commented by henro1945 at 2018-01-06 00:07
蜂麿さん
おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
分蜂まであと少し・・ でも、この少しが長いのですね。
わちき・・ 今年は心を入れ替えて生活習慣をかえようと決断しました。いつまで続づくか分かりませんが~^^
物置を一つ壊して、その跡地にミニビニールハウスを造る予定だったのが遅れていて、デボはいまだ屋外に置いたままです。お蔭でデボが結構寒さに強いことが分かりました。

相場が分かりませんので、先ずはオークションに出してみようと考えています。でも、オークションはあまり好きではありません。花も知っている方に可愛がってもらうのが一番いいことです。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by ORFEUM at 2018-01-06 15:39 x
いよかんさん
皆さんが既にやる気満々でスタートされていて圧倒されます。私も真似してここで発表(?)して有言実行にしたいと思います。

1.蟻酸
年間計画投与をベースとして日頃からアカリンダニの重症化を避ける
2.群規模
人工分蜂では群数を欲張らず1群を3枚以上としてあまり小群化しない
3.採密
基本的には流蜜期とし、流蜜期以外に採蜜した時は巣板張り替えで引き上げる
4.希望
機会があれば、隔王板を挟んで上箱での採蜜を試してみたい
5.夢
アカリンダニの影響が無くなったら、優秀女王血統を選別維持したい

◉それにつけても、無事な越冬を祈るばかりです。
Commented by henro1945 at 2018-01-07 22:38
ORFEUMさん
私の場合、満々が ちょっと怪しくなって来ました~ ^^:
10年やって来ましたが、蜂のことは何にも解っていない・・のが現実かも知れません。
一生掛っても分からないのが、蜂の生態と女心でしょうかね。

1.蟻酸
年間計画投与をベースとして日頃からアカリンダニの重症化を避ける
2.群規模
人工分蜂では群数を欲張らず1群を3枚以上としてあまり小群化しない
3.採密
基本的には流蜜期とし、流蜜期以外に採蜜した時は巣板張り替えで引き上げる
4.希望
機会があれば、隔王板を挟んで上箱での採蜜を試してみたい
5.夢
アカリンダニの影響が無くなったら、優秀女王血統を選別維持したい

いいですね、、今年も巣枠式を追及していってください。
アカリンダニさえ居なかったら・・ 最近はこればかりが頭を過ります。

負けてたまるかよ~~~ 意地があ~る~ ♪
Commented by ORFEUM at 2018-01-11 20:02 x
いよかんさん
蜂の生態と女心。女心はほぼほぼ諦めましたが、蜂の生態は分かりそうになってはまた分からなくなりですね。
蜂飼いの冬は気持ばかりが焦りますが、ゆるゆると春からの箱を準備するくらいしか仕事はありません。こんな時は優雅に読書でもしようと町の図書館に行きました。
しかし、目が行くのは蜜蜂の本ばかり。結局、小学生向けの図鑑、専門的な図鑑、アメリカの養蜂家の養蜂日記など蜜蜂関連ばかり6冊も借りてしまいました。
どの本にもアカリンダニの具体的な対策など書いてある訳もないのですが、前書きや歴史や養蜂日記の一行二行にはっとするものがあります。
いろいろな方の話を聞いて、自分の目でよく見て、自分で決めて行かなければいけないなと思いました。まだ2冊残っているのでゆっくり読んで期日に遅れないように返却します。
Commented by henro1945 at 2018-01-13 00:00
ORFEUMさん
読書がお好きなんですね。
蜂を飼うには、蜂の知識はあった方がいいに決まっています。
私はどうもそっちの方が苦手なんで・・ いいことが書いてあったら、また教えてください。

分蜂モードに入りました~ 私が・・・ ^^
去年はキンの開花調整に失敗して 分蜂のスタートに間に合いませんでした。で、仕方がなく 花が咲いているのを十数鉢買う羽目になりました。今年は失敗したくないんで、ミニ温室ハウスを注文しました。
2月になったら、これに入るだけ放り込んで少し加温することを考えています。これとは別に、例年通り3月になったら暖房をしている居間に入れようと思います。二刀流でいけば、多分大丈夫でしょう。

完全に分蜂モードです。
Commented by 山のおじさん at 2018-01-14 22:54 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
今日は『とんど』でした。
各地方によって呼び方は違うと思いますが、私の小さい頃は1月14日の夜と決まっていました。
以前は15日が成人の日で休みだったのですが、この頃は祝日変更となったため、14日に近い日曜日の午後から準備をして、夜に燃やす事になりました。
小さい頃は餅が真っ黒になるまで焼いてしまい、口の周りに墨を付けたまま砂糖醤油を付けて食べていましたね。:笑

金稜辺、花芽が見えているのは蜂友の温室内に入れて貰っています。
小さなガラス温室を3年ほど前に購入しましたが、その冬の電気代を見てびっくりで、それ以後は蜂友の大きなガラス温室(石油ストーブで加温)にお願いしています。

私の失敗談をひとつ。
最初、温めればいいのだ、と単純に考え加温していましたが、温室内温度を20℃に設定したため、逆に花芽が落ちてしまいました。
後で花芽があるときには、最低気温は14℃を下回るように設定するべきだと教えて貰いました。
日向に置いてある温室であれば、最低気温を12℃ぐらいに設定(12℃になるとサーモスタットにより温室内加温開始)していても太陽光で昼間の温室内温度は上昇しますが、我が家は日陰の廊下に置いていますので12℃以下にはならない程度の温室です。
設置される場合の参考にして下さいね。
この考え方が間違っていましたら、皆さん、またよろしくお願いいたします。



Commented by henro1945 at 2018-01-15 22:43
山のおじさん
播州播磨では『とんど』ですか、、信州伊那では『おんべ』といっていました。
そうそう、みんな 口の周りを真っ黒にして餅を頬張ったものです。

ハウスの情報、ありがとうございます。0.6坪のミニハウスが届いているのですが、日向に置こうか日影にしようかと悩んでいたところです。日当たりが良すぎると天気によって温度差が大きくなり過ぎますし、日陰では温室効果が得られそうにありません。半日陰に置いて電熱加温をしようと考えているのですが、やっぱり電気代が心配でした。そうですか、そんなに掛りましたか。。0.6坪で高さが190センチのミニハウスに何ワットくらいの熱源を入れたらいいのか分かりませんが、これでやってみるしかないようですね。キンは買う必要がなくて売りたいくらいです。多少お金が掛っても手持ちのキンを上手いこと咲かせられたらよしとします。

教えて頂いたペット用のヒヨコ電球で蜜を入れたタンクを温めています。温度を22~23度に設定しているのですが、これで結晶しなくて助かっています。温室は温室用ヒーターでないといけないのでしょうが、最近は出来るだけ物を買わないようにしています。金がないし先も短いんで・・・ ^^:

12℃、参考にさせて頂きます。
Commented by 山のおじさん at 2018-01-16 22:24 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。

信州では『おんべ』ですか。
やはり、いろいろな言い方がありますね。
村の年間行事のひとつになっています。
やはりこんな行事は続けたいものです。

簡易温室ですが、我が家の廊下に置いているのは
110×43×150(h)
ぐらいの大きさで、490wの電熱器使用(上部に水入りのタンクがあり加湿も兼ねていました)でした。
この電熱器を20℃以下にならないように設定して12月から3月ぐらいまで加温していたら、電気代、もうビックリです:笑
それ以後は、温室の温度センサーを電熱器のすぐ上にセットし、電熱器ごと段ボールで小さく囲み(段ボールに少し穴を開けて)ました。
その部屋は小さな容量ですので、すぐに14℃ぐらいに上昇し、それをセンサーが感知してスイッチが切れる。
温室内は、その段ボールの穴から出てくる暖かい風で少しだけ加温しながら、温室の外部はビニールを2重に貼って温度維持。
現在は、こんな感じで設定しています。
蜂友の大きなハウスは、25℃以上になると強制換気のファンが回るように設定してあります。
上を見ればきりがありませんので、この辺で妥協しながら、後は友人のハウスに間借りです。

ひよこ電球の加温により結晶防止ですね。
いろいろと工夫するのが楽しいです。

電気溶接、眼の火傷もなく何とか溶接できました。
これもやはり経験ですね。
1日目よりも2日目、2日目よりも3日目と段々となれてきました。
でもきれいなビートではなく団子がコロンコロンの部分もありますが、ま、自分が使う分ですので納得しています。
いろいろと楽しみながら、分蜂を待ちましょうね。

Commented by henro1945 at 2018-01-18 21:20
山のおじさん
490Wの熱源を数ヶ月使ったらビックリになるかも知れませんね~ ^^ 私が目指しているのは外気温を5℃前後上回る温度です。でも、ビニールハウスというのは日差しの有る無しで温度が全然違って来るので、その辺の管理が難しいですよね。怖いのは高温になりすぎることです。キンの花目は氷点下に近い冷気にさらす必要がある考えています。隣町のソテツに自然着生しているキンは氷点下5℃に耐えて毎年花を咲かせます。花目に一旦冬を体感させてから加温すると無理なく開花調整ができるように感じています。地域によって違って来ますが、私は大寒を目安にしています。加温して一旦花目が開花に向けて動き出したら、もう止められませんね。早すぎると思って温度を下げると成長が止まって、一回止まったら、それで駄目になってしまいます。

私が今使っているペット用のサーモスタットの温度調整は15~40℃です。下が15℃はちょっと高すぎます。温室には10℃以下が欲しいので、買うことになると思います。終活に入っているんで、一つ物を買ったら二つ以上の物を捨てるようにしています。最後に女房が捨る物は・・ 多分私でしょう~ ^^

電気溶接、うまくいっているようですね。私も、むかしガスも電気もやったことがありますが、こういうものは慣れですね。そちら、蜂が順調のようで何よりです。私の所では次々にアカリンダニにやられていってます。

アカリンダニはやっぱり強敵です。
<< 一つの蜂場の4群。 小さな群。 >>