<< 葉を落としながら 花目が顔を出す 日本蜜蜂の敵は高温多湿・・・? >>

高知から来た群れの蜜を取る。


f0176521_22424618.jpg


f0176521_22432677.jpg


f0176521_22441222.jpg


f0176521_22443665.jpg


f0176521_22450002.jpg
外すのは天板から・・ ワイヤーを入れる前にカッターの刃を通しておくと楽に切り離せます。

f0176521_22451996.jpg


f0176521_22460449.jpg


f0176521_22465155.jpg


f0176521_22471432.jpg


f0176521_22473802.jpg

私の空箱4個と越冬した4群との交換で、3月の下旬に高知からやって来た群れです。
今回で3回目の採蜜になります。
元の箱(4段)には桟が入っていなかったので 前もって打ち込んでおきました。
後2段取る予定で一段継足して来ました。


by henro1945 | 2018-08-16 22:50 | Comments(21)
Commented by ORFEUM at 2018-08-19 20:21 x
いよかんさん
急に涼しくなり産卵も復活してきました。しかし、やはり成蜂数の割に貯蜜量は少ないです。巣内冷却の水ばかり運んでいたのでしょう。
写真に写っているこの厚みの6段は凄いですね。これまでに三回採蜜というのは今年だけでですか?
高知の日本ミツバチはアカリンダニとは無縁なんでしょうか。猛烈な勢いで増勢しないと此れだけの強群にはならないでしょうからアカリンダニ等の躓きが有ったら成りませんね。
これも『全摘』手法の成果なんでしょうか⁉︎
Commented by 蜂麿 at 2018-08-24 21:41 x
いよかんさん みなさん こんばんは

いよかんさん 台風被害の方は大丈夫でしたでしょうか?

やまのおじさん 『台風の目』の中にすっぽり入られたのでは?
被害はなかったのでしょうか?

私の「第一蜂場」では、直径30センチの樫の木が地上3メートル程の所でポッキリ折れて!
巣箱の2mほど横へ「ドスン」と…。 巣箱は「カラ箱」だったのですが(笑)
本日、チェーンソーで木を切り倒してきました。汗びっしょりでした。

いよかんさん 早くも採蜜をされていらっしゃるのですね~。
私も、もう少し涼しくなったら、ジャンジャン採蜜をしたいと思っています~
と、言っても たった2群ですが(笑)

まだまだ残暑厳しいと思われます。どなた様も「ご自愛を」
Commented by 山のおじさん at 2018-08-25 00:01 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
皆さん、台風被害は大丈夫でしたか?

蜂麿さん、我が家は見事に台風の目に入ったようですね:笑
23時過ぎまで、雨はほとんど降らずに風ばかりがビュービュー吹いていました。
午前0時頃、風がピタリとやんだのでおかしいなと思いながらテレビを観ると「ただいま、姫路市辺りに再上陸。」とのこと。
ほんと、風がピタリとやみましたよ。
起きていたら、あれこれ気になるので、枕元に懐中電灯だけ置いて、すぐに寝ました。

朝、起きてみると川の水もそんなに増えていなく、畑のビニールがビリビリに破れていただけでした。
台風の進路の東側(我が家は西側)が、もっと風が強く雨も多かったようですね。(もっとも私は寝ていたので、情報は不確かですが)
裏山の蜂場は、大きな木の枝がぽきりと折れて地上に落ちていたぐらいです。

皆様の被害がないことを祈っています。

Commented by henro1945 at 2018-08-25 01:26
ORFEUMさん
返事が遅くなって済みません。

>急に涼しくなり産卵も復活してきました。しかし、やはり成蜂数の割に貯蜜量は少ないです。巣内冷却の水ばかり運んでいたのでしょう。

なるほど、そういうものなんですね。
自宅飼育の群れも時騒ぎをするのは一つだけで、後のは育児をしているようには見えません。
おかしいな・・ と思っていた群があったのですが、底板から蜜が流れ出してきたので慌ててひっくり返してみたら案の定巣落ちをしてスムシが湧いていました。
これは多分駄目だろうと思います。

越冬群は今年になって2段3段と取っていますし、今年入った群れでも2段取ったのもあります。ただ、採蜜が方が間に合いません。それでも蜂は箱から溢れ出してきますので、継箱だけはしてやらないといけません。一段取って一段足して5段にしておくのが理想だと考えているのですが、取るのは後回しにして6段になっているのが幾つかあります。

>高知の日本ミツバチはアカリンダニとは無縁なんでしょうか。

はい、その通りです。
高知と愛媛にアカリンダニ未感染地域があります。
愛媛ではそこに現在8群います。
高知の蜂密度は凄くて、3月に蜂を貰いに行った時も空箱より蜂が入っている箱の方が多かったですね。

私の所で蜂が回復したは譲り受けた群れとか全摘等によって種蜂が確保できたことが大きかったと考えています。
今いる群れがこのまま冬を越したら高知みたいに大変なことになるのですが、それはその時が来ないと分かりません。
Commented by henro1945 at 2018-08-25 01:55
蜂麿さん
台風、直撃しましたね。。

>私の「第一蜂場」では、直径30センチの樫の木が地上3メートル程の所でポッキリ折れて!
>巣箱の2mほど横へ「ドスン」と…。 巣箱は「カラ箱」だったのですが(笑)

恐ろしいほどの風が吹いたのですね。
でも飛んだのが空箱でよかったです~ ^^

箱を切り取って帰ったら、蜜を絞らなくてはなりません。
これがまた手間ですから、採蜜はなかなか進みません。
それに、巣箱を換気式にしておくと群れの勢いが増して蜜も1.5~2倍溜まります。
今年は糖度80の蜜がかなり採れそうです。
買ってくれる所、紹介して~ あはは
Commented by henro1945 at 2018-08-25 10:11
山のおじさん

台風の目に入りましたか~ ^^
目に入った時は日が差したり星が見えたりするそうですが、私は経験がありません。

被害が少なくてよかったですね。
この時期、巣箱は蜜で重たくなっているのでひっくり返ることは少ないかと思います。
それでも、幾つかは風対策をしたのですが、こちらは雨も風もほとんど無くて拍子抜けでした。
畑を作っている人なんかは雨がなかったことを残念がっていたくらいです。

いよいよ、採蜜のピークを迎えますね。
頑張りましょう~ ^^
Commented by ORFEUM at 2018-08-25 20:40 x
いよかんさん
目の前で1群が逃去しました。後を追ったのですが大きな竹藪の上空に飛んで行ってしまい諦めました。逃げた後の巣箱は何時見ても虚しいもんです。
この群は春に1群を移動した時に2~300匹が戻ってしまった群です。元位置に空箱を置いて何度か移動先に運んだのですが『戻り蜂分蜂』をしてみようと思いたち、空箱に入った2~300匹の無王群に他所でできた王台を付けてみたら女王が誕生して1群ができました。
しかし戻った働き蜂は多分羽化後20日以上経っているでしょうから残り寿命は20日くらい。一方新女王群は、誕生→交尾・産卵→羽化で28日前後必要ですから徐々に育児係が不足して卵が羽化する迄に大半の働き蜂が寿命死してしまう可能性があります。
そこで新女王の産卵を確認した時点で他群から蓋掛け蜂児枠を一枚貰って挿入して継ぎにしたら6枚の元気な群に増勢しました。
逃去の原因は数日前採蜜する時に貯蜜が少な目だしどうしようかと迷いながら採蜜したのがストレスになったかなと思います。
いよかんさんの話の通り、悪い予感がした時は要注意ですね。
Commented by henro1945 at 2018-08-28 11:57
ORFEUMさん

猛暑が収まる気配がないですね。
そんな中で、季節の移ろいを蝉が教えてくれているように思います。
うるさいほどだった つくつくほーし の鳴き声が聞こえなくなりました。

目の前で逃げて行きましたか。。
それは残念でしたね。
残念ですが、 貴重な在来野生種を野山に還した・・ と考えるようにするしかないかも知れませんね。
言うのは簡単ですが、そんな悟りの境地のようなものにはなかなか辿り着けませんが~ ^^:
その群れは新天地もって、これから巣造りから初める訳ですから 新蜂が羽化するまでに数週間はかかりますか。
その間にアカリンダニに罹患した蜂から死んでいくことになるのではないでしょうか。
私は 新巣の効果と罹患蜂の減少の効果 という二つの効果でアカリンダニに対する耐性が高くなる可能性があると推測しています。
上手くいったら、来年の春には倍になって帰ってくるかも知れませんよ ^^

先日、へんだな・・と思った箱をひっくり返して内見したら その後に見事に巣落ちをしました。
この時期、必要以外は巣箱に触らないことでしょうかね。
Commented by 山のおじさん at 2018-08-31 23:05 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
今日、一群れ採蜜しました。
アカリンダニ罹患群でしたが、蜂数も増え、五段一杯になっていたので一段だけ頂きました。
スノコ、重箱の段の隙間にはスムシの糞が沢山ありました。
どうしても重箱の上下の接合部に隙間ができてしまうのですが、現在は木の帯の通称『袴』を使用しています。
この袴、やはりスムシの温床になっていますので、次回の継ぎ箱からは、いよかんさん方式の、
エアコンパイプ用のコーキング剤に切り替えていきます。
上下の段の接合という意味では、ガムテープを使用する方が確実だと思いますが、以前に購入したコーキング剤がありますので
やってみます。

このブログの写真を拝見すると、段の接合部にあらかじめコーキング剤を塗っておいて、接合という感じでよろしいでしょうか?
現在の袴使用分については、接合部に外部から塗りつけても効果はありそうですね。
確実なのは、接合部の板厚の半分ぐらいに塗っておいて接合する方がより効果的ですね。

スノコの上に、一段分の重箱を置き、ベント式としていましたら、盛り上げ巣も作っていました。
ただ、先日から蜂数の減っていた群れは、消滅してスムシのすみかとなってしまい、
とりあえず片付けて、来年の待ち箱としました。
夕方、久しぶりの夕立で、先日の台風以来の雨となりました。
少しずつ涼しくはなっていくと思います。
もうしばらくの辛抱ですね。
Commented by henro1945 at 2018-09-02 23:29
山のおじさん

採蜜されましたか。
スムシが零という箱はないと言っていいかと思います。
普通より多そうだ・・ となるとちょっと心配になりますよね。

箱と箱が合わさる面の全体にべったりとコーキングを付けてしまうと切り離すのが大変になります。今年から重箱式に切り替えた蜂仲間の一人がこれをやってしまいました。蜂が入る前に気が付いたのでまだ良かったのでのですが、3人掛りで難儀をして切り離しました。私の場合は、箱の上下8面の外側の角をカンナで面取り(45度)をしてあって、重ねた時に合わせ面に90度の溝が出来るようにしてあります。そこにコーキング(シリコーンシーライト セメダイン8000 クリア)を引くだけです。
高知のA氏は合わさり面に付けているようですが、量を加減してあるのか 簡単に切り離すことが出来ました。この辺は経験なんだろうと思います。

ベント式の『枡』のなかに盛り上げ巣を作ってしまうのが課題となっております。
巣は通気性を悪くしてしまいますものね。
下に麻布を敷くとかいったような事を考えている所ですが、面倒ですし幾つか問題もありそうです。
何か よい方法はないでしょうか。

又、台風が来そうですね。
今度のは強いということで心配しています。
Commented by 蜂麿 at 2018-09-05 21:29 x
いよかんさん みなさん こんばんは
 
台風被害の方は如何でしたでしょうか?我が家は台風の西側でしたし台風の通過速度が速かった
ので大した被害はありませんでした。先の20号の方が酷かった様に思います。
しかしながら、京阪神や大阪方面の方は大変な被害を受けられていますね
いよかんさんのご厚意に甘えまして、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。

いよかんさん
以前にこのブログで書き込ましていただいた? と思うのですが…???
神戸市の元町商店街で「水曜市」と言うのが開催されています。そこへ行けばジャムを並べて
いても「蜂蜜ですか?」と聞かれるほど蜂蜜の需要はあるそうなのですが…。
特に「台湾」のお客様が「1ℓ単位で空輸で送っていただきたい」との要望が有るそうです。
「日本蜜蜂」の蜜は「コク」と「風味」が最高らしく、西洋蜜蜂の蜜では味わえない「旨味」
があるのだそうですが…。販売は基本として「自作自売」なのだそうです。
どうでしょう?月に一度くらい出店されては?売って儲ったお金で、あの「大公秀吉」さん
が愛した有馬温泉の「金泉」に浸かって「豪遊」するも良し、奥方様と「フルムーン」
されるも良し…。いかがなものでしょうか (*^_^*)

山のおじさん
巣箱ですが、「棟梁」と呼ばれる大工さんであれば、「自動カンナ」と言うのを持って
いらしゃいます。山のおじさんの巣箱の一段の高さは何センチほどでしょうか?
大工さんの「固定式」の自動カンナであれば「約30㎝」の高さの巣箱まで使用可能です
巣箱の高さが「15㎝」位なら市販の(リョウービ)等々の自動カンナで切削できます。
上面、下面を「カンナ掛け」しますと、ビッタリと隙間なく重なりますよ。
私は板材の段階で、大工さんに自動カンナ掛けをしてもらってから巣箱を作成いたしました。
もちろん、私もいよかんさんと同じく「面取り」をしています。
ご参考になれば幸いです。

台風が去ったとたんに「スズメ蜂」が襲ってきました。スズメ蜂が去った後、何十匹もの蜜蜂が
その匂いを消すのに躍起になって巣箱の表面を這い回っています。
早速「ペッタンコ」の出番です。少し忙しくなりそうです~。
Commented by 山のおじさん at 2018-09-06 22:10 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
台風の方は大丈夫でしたか?
今回も風が非常に強かったですが、我が家は進路の西側でしたのでまだましだったようです。

蜂麿さん、重箱の高さは15cmです。
4mの歩み板を自分で切ったので、やはりでこぼこしています。
電気かんなで調整していったのですが、やはり素人作業でしたね。
自動かんななる物があるのですね。
値段を見てびっくり:笑
手動(人力)かんなで、面取りをしてシーラントで塞ぎます。
これから巣箱を作る場合は、もっと慎重に切断しますね。
友達の大工さんに、自動かんなを持っているか訊いてみます。
情報、ありがとうございました。

Commented by henro1945 at 2018-09-07 10:34
蜂麿さん おはようございます

風水害に地震と立て続けに甚大な被害が出てしまいました。
テレビで酷い状況を見るたびに心が痛みます。
お見舞いを申し上げたいと思います。

蜂蜜の情報をありがとうございます。神戸の元町商店街というのは聞いたことありますが、そこで「水曜市」というのが開かれるのですね。日本蜜蜂の蜜が台湾の方々に人気があるということは知りませんでした。大変ありがたい情報です。
一斗缶入りの蜜(24㎏)を幾つが車に積んで行こうかな~ ^^

蜂蜜に含まれる水分量の国際基準は20%以下ですが、日本の場合は22%のようです。水分含有量が22%ということは糖度にすると78%ということになるのですが、私は日本基準は甘いと思っています。
過去に79度台の蜂蜜が発酵したことがあります。
発酵するということは蜜が変質していくということですから、長期保存は出来ません。蜜は酵母菌が生きている発酵食品ですが 80度という高い糖度でもって酵母菌の増殖を抑え込んでいます。糖度が80度以上の蜜は安定していて5年でも10年でも保存が可能なのですが、78度では1年経たないうちに発行が始まります。この2%の違いが大きいのですね。当然ながら、ミツバチはこのことを良く知っていて蓄える蜜の糖度を80以上にしようと努力します。しかしながら 営巣環境等でもって それが叶わないことが多いようです。
糖度が低い蜜でも過熱をして酵母菌を殺してしまえば発酵しなくなるのですが、それをやると風味がガクッと落ちます。蜂蜜というのは酵母菌がいる発酵食品でなくては価値がない・・ と私は思っています。発酵食品というのは一定期間寝かせて熟成させると美味しくなります。実は蜂蜜も同じなんですね。
一年くらい寝かせたのが「まろやか」で最高に美味しいと思っています。
Commented by ORFEUM at 2018-09-07 20:26 x
いよかんさん、みなさん
自然の猛威が続いています。皆さん台風の被害が無くて何よりです。当地(愛知県)はかなりの威力でした。家の向かいの大木が裂けたり、下水中継場の屋根の頂上部分(郷里の方言ではグシ)のガルバリウム板が何枚も宙を舞っていました。我家も隣家のカヌーが舞い上がり瓦数枚と雨樋を割ってしまいました。

巣箱は無事でしたが、同じ蜂場の伏せた植木鉢に乗せていた空の重箱が飛ばされて、台にしていた植木鉢に自然巣が有ったことが判明。1日置いて取り込みに行ったらスズメ蜂の大群に襲撃されている最中でした。短いタモで奮戦して30匹位潰して中を見たら残念ながら手遅れで壊滅状態でした。一週間早かったら無事に回収できたかなという感じでした。重箱の下の植木鉢とは、意外な所に巣作りするもんです。
Commented by henro1945 at 2018-09-11 06:50
山のおじさん

箱を作る時に、箱の合わさり目に隙間ができないように調整する作業が一番大変かも知れませんね。
箱を平らな所に置いてぴったりとなるように少しずつカンナで削っていくのですが、これが骨が折れます。
電動カンナを使うのですが、微調整は手カンナでやるしかありません。
削る労力は板の厚さに比例しますので 段々と薄くなっていきました。

25㎜ 20㎜ 15㎜ とあるのですが 板が厚いほど丈夫で長持ちするようで、昔作った25㎜の箱は今も使い続けています。
面取りは、リーマーでやるのがいいかの知れませんね。

ここに来て箱が足らなくなってきましたので、何年振りかで作ろうかと思っている所です。
Commented by henro1945 at 2018-09-11 07:19
ORFEUMさん

ORFEUMの所は進路の右側でしたので 吹いたでしょうね。。
そうですが、色々なものが飛びましたか・・・ 瓦が割れるというのは大変なことです。

>巣箱は無事でしたが、同じ蜂場の伏せた植木鉢に乗せていた空の重巣箱は無事でしたが、同じ蜂場の伏せた植木鉢に乗せていた空の重箱が飛ばされて、台にしていた植木鉢に自然巣が有ったことが判明。1日置いて取り込みに行ったらスズメ蜂の大群に襲撃されている最中でした。短いタモで奮戦して30匹位潰して中を見たら残念ながら手遅れで壊滅状態でした。

そうですか、、それは残念でしたね。。
ほんと、植木鉢に巣を作ったというのは初めて聞きました。

昨日、巣落ちが原因で消滅しかかっていた飼育群が分蜂したようで、テニスボールくらいの蜂球をつくりました。
最初は引っ越しかと思ったのですが、元の巣には蜂が出入りして居て雄もいました。
取り込んだのですが、九分九厘駄目だと思います。

買ったばかりの一眼レフを落として壊してしまいました・・・・ あ~あ
Commented by henro1945 at 2018-09-11 20:54
みなさん すみません。

落として壊したと思ったカメラですが、壊れていませんでした。
知り合いに見て貰ったらスイッチ一つで直りました。
「オート」が「マニュアル」になっていただけ~ キャノンに電話したのに・・・ ^^:
恥ずかしいです。

近々、更新したいと思います。
Commented by 蜂麿 at 2018-09-14 22:09 x
いよかんさん みなさん こんばんは

いよかんさん 私もいよかんさんに、お詫びしなければなりません。
「神戸元町水曜市」ですが、ホームページに「地産地消」と書かれてありました。
申し訳ありませんでした。

実は実は、大きな声では言えないのですが (*^_^*)
「蜂蜜」特に『日本蜜蜂の蜂蜜』は何処ででも生産されるわけではありませんので
生産者、生産場所がはっきりしていれば、一次転売までは……。後は「お察っしください」
と言う訳で、私が出店すれば良いわけですよね!兵庫県人ですから!
山のおじさんにも手伝っていただきましょうか???
やまのおじさんは「イケメン」ですので、女性客が大量購入して下さるのが「間違いなし」
と思いますが……。
で、その後は「ぼっちゃんの湯」にも引けを取らない「有馬の金泉」で…。

 
それにしても良く降りますね~
セイタカアワダチソウが開花するまでに採蜜をしたいのですが…。
タップリと貯蜜をしてくれているでしょうか?




Commented by henro1945 at 2018-09-17 19:47
蜂麿さん

返事が遅くなってすみません。
私は蜂麿さんや皆さんにお詫びしなければいけない事ばかりです。
生来の不精者が齢と共に増々不精になって、口だけ動いて行動が伴わなくなりました。
口に出して宣言したことは・・ やれ! とお叱りを受けるようなことばかりをしています~ ^^;

蜂蜜、送りましょうか。
発送は一斗缶(蜜 24㎏)か半斗缶(蜜 12㎏)のどちらかなんですが、品質が分からないでしょうから 最初の一本は委託で構いませんので~ ^^

採蜜した蜜は1.8ℓの広口瓶に個別に一時保管しておいて、タンクに移す段階で糖度とか色とかを見ながらブレンドします。
蜜で一番大事なのは糖度になるかと思うのですが、これを国際基準の80度に持っていくには糖度の低い原蜜を撥ねなくてはなりません。
これだと相当なロスがでるのですが、79.5度だとほとんどそれがありません。
79.5度なら発酵することはないと思うのですが。。
私の蜜の場合は79.7~80.0度といったところなんですが、これは換気式の巣箱にしてからで以前は2度ほど低い蜜しか採れませんでした。
それら、一年も経たない内にみんな発酵しました~~

>それにしても良く降りますね~
セイタカアワダチソウが開花するまでに採蜜をしたいのですが…。
タップリと貯蜜をしてくれているでしょうか?

は~い、タップリと貯蜜してくれるといいですね ^^
Commented by 山のおじさん at 2018-09-18 00:29 x
いよかんさん、皆さん、こんばんは。
今日、とりあえずひとつの田んぼの刈り入れが終わりました。
もう一つの方は、電柵ではなく海苔網にしていたのですが、3回もイノシシに入られて1/3ぐらいが倒れています。
被害状況を明日見に来られるので、それ以降の刈り入れとなり二度手間になってしまいました。
来年度からは、こちらも電柵にする予定です。
元も取れない米作り、まだやっています(笑)

元町水曜市、いろいろと制約があるようです。
農作物のように多品種を並べて、水曜市にふさわしい雰囲気にしないと、翌月は断られたりするらしいです。
知り合いが何回か参加しましたが、結局やめてしまったようです。
旬彩蔵?というJAのお店に並べて居られる方もいますが、販売金額の1割ぐらいの負担みたいです。
なかなか難しいですね。

我が家も、稲刈りが済んだら採蜜できそうな群れは実施しようと思っています。
裏山の草刈り、墓掃除、消滅群れの片付け・・・。
することが沢山あり、気がつけばもうすぐ10月・・・。
歳をとると、年月が早く過ぎますね(笑)


Commented by henro1945 at 2018-09-20 09:32
山のおじさん

米作りも色々と大変なようですね。
日本の食糧事情は危うい限りです。
地球規模の急激な気象の変化等でそう遠くない将来に農作物の収量が激減する可能性があります。
今は食糧がは余っている国があるから輸入できていますが、それらの国も自国で足らなくなったら他国には出しません。
戦争が起こったら・・ 化石燃料が入ってこなくなったら・・ 歴史は繰り返すで 飢饉は過去のものではないと思っています。
米は日本の生命線といっていいのではないでしょうか。
採算を度外視してでも米を作り続けて「田」を維持していく、、大事なことですね・・ 頭が下がります。

ここに来て消滅していく群れが幾つか出ていました。
強い群れは生き残り 弱い群れは消える・・ これは、種が変わりゆく環境に適応していくための自然の法則なのでしょうね。
アカリンダニ対策の一つとして10~11月に掛けてから巣板の全摘をするのですが、その目安が見えて来たように感じています。
巣板を蜂が覆っていなくて露出しているのは巣房の劣化が進んでいるのではないか・・?
今年はその辺も見ながら判断していきたいと思っている所です。
<< 葉を落としながら 花目が顔を出す 日本蜜蜂の敵は高温多湿・・・? >>