<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

越冬群の採蜜が終了。

久々の更新です。
アカリンダニから完全復活したとは言えませんが、今年は上々の捕獲数でした。
蜂が増えた分、雑用が多くてパソコンの前に座ることが少なくなっていました。
これからも継箱とか採蜜といった作業が続きます。
ぼちぼちと更新していきたいと思います。
f0176521_12572343.jpg


f0176521_12575573.jpg


f0176521_12581668.jpg


f0176521_12585096.jpg


f0176521_12592096.jpg

8群から一段ずつ取って、蜜が40キロになりました。
巣箱はすべて上部に通気口を設けたベント式です。
このベントの効果はすごく大きいと思うのですが、口下手な私はうまく説明が出来ません。
興味のある方は試してみてください。



今年入った箱も徐々にこうなりつつあります。
f0176521_13000284.jpg



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『捕獲用巣門パーツ』
f0176521_10213651.jpg
巣門の上下幅は7mm、左右は100~140mmです。
蜂が入って1~3週間したら外して7mmのスペーサーで3~4面解放巣門にしています。
入って直ぐに外すと稀に逃げることがあります。


『ベント(空気抜き)用パーツ』
f0176521_10215697.jpg
入居または取り込んだ群れが巣門で旋風を始めたら、天板の上にセットします。
天板のコンパネにあらかじめ6mmのスリット入れておくか、セットするときに10mmの穴を複数開けます。
蜂は熱を発していますから、縦長の巣箱が煙突効果を生じて常に下から上への空気の流れができます。
日本蜜蜂の敵は高温多湿・・ ここがセイヨウミツバチと違うところだと考えています。

by henro1945 | 2018-06-30 13:56 | Comments(14)