<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

葉を落としながら 花目が顔を出す

今年の夏の暑かったこと・・・ 蜂も人間も大変でしたが、彼岸を過ぎて四国でも30度を下回るようになりました。
やれやれです~ ^^

キンリョウヘンが役目を終えた古い葉を落とし、気の早い花目が顔をのぞかせる季節になりました。
キンリョウヘンを育てるのは難しいですね。
これを始めた頃にどこかのサイトで 「窒素分を与えすぎると花目が付かない」 というのを目にしました。
それが頭から離れなくて そこから抜け出せずにいました。
果たしてそれが正しいものなのかどうか試してやろうと考えて、今年は10:10:10の粒状肥料を与えてみました。
バルブは結構太ったのですが、肝心の花目がどうなのか、時が来ないと分かりません。 

f0176521_10520936.jpg


f0176521_10513358.jpg


f0176521_10454764.jpg
↑ このように巣屑が散乱しているのは、盗蜜被害に遭った群れと考えていいかと思います。
  蜂が居たとしても・・ 他の群れの蜂という場合が多いようです。

f0176521_10462566.jpg
↑ 上の巣箱を放棄した群がテニスボールくらいの蜂球をつくりました。
  それを取り込んだ箱です。

f0176521_10464892.jpg


f0176521_10473661.jpg
群れが小さすぎて息を吹き返すのは難しいように思われます。
それでもと、給餌に市販の花粉パテを試してみました。

f0176521_10485443.jpg


f0176521_10492860.jpg


f0176521_10494162.jpg
二つ目。

f0176521_10500190.jpg


f0176521_10504365.jpg


f0176521_10510245.jpg
3つ目、これは良く食べてくれています。
糖液の給餌は簡単ですが、花粉は難しいですね。
なかなか食べてくれないものです。
特に巣枠がない重箱式では食べさせ方が問題なのですが、この方法で食べてくれるならありがたい話です。




by henro1945 | 2018-09-24 10:57 | Comments(22)