<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

季節の移ろい

f0176521_00174709.jpg


f0176521_00180935.jpg


f0176521_00160593.jpg


f0176521_00161842.jpg


f0176521_00163227.jpg


f0176521_00170794.jpg
 
一つ入っていました。
びっくりぐみの一粒は、遠い昔を思い出させてくれました。
ねむの花からあかめがしわへ・・ 自然が私のカレンダーです。

『 6月に入ってからの入居確認数  6  』 ( 6/23 現在 ) 




by henro1945 | 2019-06-14 00:25 | Comments(8)

キンリョウヘンで 分蜂が分かる

6月に入りました。
キンリョウヘンを置いた幾つかの待ち受け箱に偵察が来ていました。
近々分蜂するか あるいは分蜂した群れが近くに居るに違いありません。
f0176521_22292552.jpg


f0176521_22301318.jpg


f0176521_22303266.jpg



別の場所にて。
4月に遠方で入って、ここに移した群れです。
王台は確認していませんが、近いうちに分蜂すると見ています。
それというのも、キンリョウヘンを置いた近くの箱に偵察が来ているからです。

f0176521_22305589.jpg


f0176521_22311679.jpg


f0176521_22313257.jpg

↓ 近くの箱。
f0176521_22315224.jpg
待ち受け箱に偵察蜂が寄っているからと言って、群れが必ず入るというものではないですね。
入ったら嬉しいですし 入らなかったらがっかりします。
どちらかというと、がっかりする方が多いように思います。
でも、その辺のわくわく感がたまりません。

蜂に蜜を分けてもらうのも養蜂を趣味とする者の楽しみの一つです。
今年も品質の高い蜜を目指します。
蜜の品質は糖度で決まる・・ と言っていいかも知れません。
非加熱 無添加 無加工でもって賞味期限を3年に出来るのは糖度が79.5度以上の蜜でないといけないと、私は考えています。

巣箱によって あるいは同じ箱でも蜜のある場所によって糖度はまちまちです。
採った蜜を別々に保管しておいて ブレンドする段階で糖度の低いのは撥ねていきます。
「4年寝かせた蜜が一番おいしい」という話を聞いたことがあるのですが、確かなことは分かりません。
ただ、寝かせると味がまろやかになるのは確かです。
これは、酵母菌が働くからでしょうね。
蜜は非加熱・・・ 大事なことだと思います。


   -------------------------------------------

f0176521_23545220.jpg

f0176521_23551731.jpg

f0176521_23554209.jpg
あぶない! 引くところだったよ。。

昔はマムシを見付けたら殺したものですが、最近は殺さなくなりました。
マムシの習性が分かって来てそれほど危険でないと考えるようになったのと、要らざる殺生をしたくないからです。


by henro1945 | 2019-06-01 23:07 | Comments(6)