<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大捕り物

f0176521_18052379.jpg


f0176521_18055479.jpg
7月10日、蜂友の所で孫分蜂がありました。
蜂球の大きさから、第一分蜂と思われます。
難いところだったのでブロワー式吸引装置を使ったのですが、残念ながら写真はこれしかありません。
取り込み成功・・  吸引器に皆さん感服。。


『ブロワーを使った蜜蜂吸引器』 (摂津のGさん 作)
f0176521_13151406.jpg


f0176521_13152997.jpg


     --------------------------------------
『無王となった巣箱』

王台は2個、後は王椀でなかに幼虫がいます。
何日か前に出たのは大きな群れだったそうです。
残った働き蜂はこれだけ・・ これで再度の分蜂は無理でしょう。
そこは野生種の日本蜜蜂のことですから、人が手を加えなくても自分らで調整をすると見ているのですが。。
f0176521_21434426.jpg


f0176521_21435960.jpg


f0176521_21441257.jpg

by henro1945 | 2019-07-10 19:03 | Comments(10)

梅雨のキンリョウヘン


f0176521_01111623.jpg


f0176521_01102367.jpg
植え替え後の大株つくりの重たいこと! 二人掛かりで上げました。

f0176521_01093372.jpg


f0176521_01100738.jpg
ニュージーランド産のバークからキノコが生えてきました。

f0176521_01201193.jpg


f0176521_01202610.jpg
今年の肥料は固形油粕がメインです。

f0176521_01085118.jpg
7月の花 ・・  風蘭


     ---------------------------------------


『採蜜を先に延ばす』
f0176521_21090337.jpg


f0176521_21091836.jpg
台の足が危なっかしい・・ 補強するの必要がありそうです。

f0176521_21093896.jpg


f0176521_21095731.jpg
一番の強群です。 こういうのに限って冬を越さないものです。

f0176521_21073528.jpg


f0176521_21080287.jpg


f0176521_21084023.jpg
これは上からあふれてる。 ベント枡内に盛り上げ巣を作っている可能性がありますか?


待ち受け箱は3段です。
蜂が巣門からあふれて来たら継ぎ箱をして、既に幾つかは4段にしてあります。
その内の二つを5段にしたのですが、重たくて持ち上げるのがやっとでした。
これはもう、無理なことだと思い知らされました。
力が落ちているですね~ 歳で・・・ ^^:
4段を1段取ってから下に一つ足す・・ これからは これで行くことにします。

25キロくらいありましたから、蜜は十分貯まっています。
採ろうと思えば採れるのですが、、今は採りません。
梅雨時ですから。
採蜜を出来るだけ先に延ばすのは糖度のためです。
取った巣板の貯蜜巣房に蓋掛けされていないのがあると搾った蜜の糖度がガクッと下がります。

蜜の品質は糖度で決まる・・ といって過言ではないと思います。
日本蜜蜂で国際基準の80度以上の蜜をつくるのは容易なことではないですね。

一に衛生 二に品質 ・・・・


『 6月以降の入居確認数  11  』 ( 7/12 現在 ) 
by henro1945 | 2019-07-03 01:18 | Comments(0)